速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【発言】23日の要人発言=米NY連銀総裁「バランスシートは2兆ドル程度まで縮小見込み」

ラムスデンBOE副総裁
「脆弱な生産性が金融政策における鍵となっている」

トランプ米大統領
「過去最大規模の北朝鮮制裁を課す」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「米連邦準備理事会(FRB)は、近い将来、債券購入政策を実施する必要性が出てくる可能性はある」
「米国経済は生産性と労働力の伸びが低迷していることで、当面は、実質的に金利は低水準が見込まれる」
「米国の赤字が増大していることで、税制や財政支出政策を用いて景気回復を促す政府の対応は複雑化する可能性」

ダドリー米NY連銀総裁
「バランスシートの縮小は、実質的に自動操縦的に行われており、市場に混乱をもたらしていない」
「バランスシートは2兆ドル程度まで縮小する見込み」
「もし米国でゼロ金利を再度導入した場合、債券購入策は有用な手段となる」

FRB半期金融政策報告書
「昨年後半、米経済は堅調に拡大」
「昨年半ば以降、労働市場の強まりが継続」
「2018年の労働市場は完全雇用やや上回る状態へ」
「物価、昨年後半は昨年初めよりやや高め」
「株価 ここ数週間は下落しているが、昨年6月以降でみれば上昇」
「主要貿易相手国間の為替相場はドル安」
「金融政策は依然として緩和的」
「緩やかな利上げの継続により、経済活動は拡大へ」

ホワイトハウス高官
「米政府は、5月に米大使館をテルアビブからエルサレムに移転する予定」

格付け会社フィッチ・レーティングス
「ブラジルの格付けを『BB』から『BBマイナス』へ格下げ」
「年金改革法案の採決が10月の総選挙以降に延期されたことで財政を弱体化させる可能性」

ムニューシン米財務長官
「北朝鮮の船舶に対する制裁措置により、北朝鮮政権による燃料購入のための収入源を根絶する」
「北朝鮮と貿易取引した国、企業は、米国内での取引を禁止する」
「トランプ米政権は、新たなロシア制裁を数週間以内に発表する」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「2%の物価目標に関して、今年後半に現行金融政策の枠組みの見直しに着手するのが適当」
「米国の景気拡大は着実に進んでおり、労働市場は力強く、インフレは数年で2%へ上昇する見通し」

クーレECB理事
「欧州中央銀行(ECB)はこれまで十分な規模の債券購入を実施しており、金利上昇のリスクを冒さずに資産購入プログラムから撤退することができる」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「米国経済は、あらゆる業種で拡大基調にある」
「労働市場は非常に力強く、賃金は上昇傾向にある」
「現状の好景気を維持するため、我々は過熱状態のままにすべきでない」


(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン