速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】株式明日の戦略-週末一段安で週間では1891円の下落、金利上昇警戒相場が続くか

9日の日経平均は3日ぶり大幅反落。米国株の大幅安を嫌気して売りが優勢の展開。全面安の中、三連休を前に警戒ムードも強く、前場では700円超の下落となった。後場は軟調な地合いが続いたものの静かな展開。前場の高安の範囲内で、直近安値も下回ることなく、やや値を戻した。前引けで4.4%安と大きく下げていたマザーズ指数は、大引けでは1.8%安と強い戻りを見せた。東証1部の売買代金は概算で4兆円。業種別では全業種が下落しており、騰落率上位は精密機器、繊維、情報・通信で、下位は鉱業、石油・石炭、パルプ・紙となった。上方修正と大幅増配が好感されたバンダイナムコホールディングスが後場急伸。反面、3Q決算が失望を誘ったノーリツ鋼機が終日軟調で大幅安となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり244/値下がり1796と売りが優勢。上方修正を発表したテルモが大幅上昇。好業績に加えて増配も発表した資生堂は全体株安を受けて売りが先行したものの、切り返して大幅高と強い動きを見せた。強気の1Q見通しが好感されたネクソンや、3Q好決算の河合楽器が急伸。業績好調で分割および自己株取得発表と好材料満載のシイエムシイや、大幅上方修正を発表したヨータイはストップ高まで買われた。一方、決算が嫌気されたTOWAやアイビー化粧品は、一時ストップ安まで売られるほどの大幅安。今期の減益見通しを発表したオプトHDやデジタルアドベンチャーなども大きく売られた。新日本電工は増配発表も、今期減益計画のネガティブインパクトが大きく、終日ストップ安で張り付いた。

 日経平均は今週、500円超の下落が3度あり、週間では8%超の下落となった。これが短期的な調整であったとしても下げの度合いは大きく、ここから1カ月程度のスパンでみた場合には、鋭角的な上昇は期待薄と考える。ここ1〜2週間くらいでいったん下げ止まりが確認できるかが目先の注目点。長いチャートで見ると、今週の下げで9カ月移動平均線(21327円、2/9)まで達しており、ここは昨年4月や8月、9月にはサポートとなった水準。2月はまだ始まったばかりではあるが、昨年同様にサポートとして機能するかは注目しておきたい。強弱感が入り交じる相場環境のため、当面の物色に関しては、決算反応の良かった銘柄が物色されやすいと考える。

【来週の見通し】

 軟調か。東京市場は4日立ち会い。引き続き米国市場の動向をにらみながらの神経質な展開が想定される。国内は決算発表が終盤戦に差しかかる。決算発表集中期に相場が荒れたため、仕切り直しで個別の活況が続くといった展開にも期待は持てるが、基本的には材料が少なくなることで、市場エネルギーの低下が懸念される局面。米国で経済指標の発表が多い点も懸念材料。米雇用統計を受けた長期金利の上昇が株安を引き起こしたため、指標結果が金利上昇や株安を招くとの警戒がくすぶり続けると考える。急落を見た直後で投資家も及び腰となりやすく、上値は重く、ネガティブな材料への反応が強めに出る地合いを予想する。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン