速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】1日香港株=方向感に乏しい展開か、10日移動平均が下値支持線

1日の香港市場は強弱材料が入り交じり、方向感に乏しい展開か。米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日発表した声明は、金融政策の正常化に積極的な「タカ派」寄りの内容と受け止められ、米長期金利を一時押し上げた。一方、中国人民銀行(中央銀行)が前日まで5営業日連続で公開市場操作を通じた資金供給を見送ったことで、中国本土では短期流動性のひっ迫懸念がくすぶる。中国本土系の金融株が売られ、相場を押し上げる場面がありそうだ。

 もっとも、香港株の中長期的な先高観は根強く、下値を売り込む動きは限定的と予想する。前日に続いてハンセン指数の10日移動平均(1月31日終値時点で32692.96ポイント)が下値支持線として意識されそうだ。米ドル安/人民元高が人民元建て資産である中国本土系銘柄の買い材料になっており、相互取引制度を通じた本土投資家による香港株の売買は買い越しが続いている。また、米長期金利の指標となる米10年物国債利回りの上昇が一服したことから、31日のNY株式相場は上昇。ダウ平均など主要3指数がそろって3日ぶりに反発した。

 1月31日の香港株の米国預託証券(ADR)は、カジノ株のサンズ・チャイナ(01928)や本土系金融株の中国建設銀行(00939)、中国銀行(03988)、中国平安保険(02318)などが香港終値を下回った。半面、国際金融銘柄のHSBC(00005)とAIAグループ(01299)が上回って引けた。また、きょう午前に英マークイットが1月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン