速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】株式明日の戦略 大幅安も後場は個別に買い入る

大幅安も後場は個別に買い入る、あすは米国株にらみも下値は固いか

 20日の日経平均は4日ぶり反落。米国市場が休場で手がかり難の中、売りが優勢の展開。節目の22000円をあっさり下回り、前場で下げ幅を200円超に広げた。後場は目立った動意には乏しく、前場の高安の範囲内で静かな動きが続いた。一方、マザーズ指数やジャスダック平均などは後場にプラスに転じて上げ幅を広げた。東証1部の売買代金は概算で2.2兆円。業種別ではパルプ・紙や電気・ガス、陸運などが上昇した一方、石油・石炭、機械、食料品などが下落した。今期の大幅増益見通しが好感されたアップルインターナショナルが買いを集めてストップ高。反面、公募・売り出しを発表した西尾レントオールが終日軟調となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1027/値下がり949と日経平均は3桁下落となったものの、買いが優勢。決算が好感されたユニオンツールが急伸。イードや免疫生物研究所はリリースを手がかりにストップ高まで買われた。ヴィンクスは連日のストップ高。また、ドリコムやガンホー、アカツキ、enishなど、ソーシャルゲーム株に強い動きが見られた。一方、証券会社のリポートを材料に富士通やスルガ銀が大幅安。公募・売り出しが嫌気されたアルビスが急落した。また、韓国サムスンの有機EL減産観測報道を受け、アルバックや保土谷化学など、有機EL関連銘柄が売りに押された。

 日経平均は224円安と大きめの下げとなったものの、東証1部の値上がり銘柄数は値下がりを上回った。新興指数も後場にプラス転換した。前場はかなり寒い地合いであったが、後場は個人投資家好みの銘柄を中心に押し目で買いが入っており、相場つきにも変化が見られた。あすは休場明けの米国株の動向が大きな注目を集めるが、きょうが警戒売りに押された分、急落など極端な動きが出てこない限りは、ネガティブ反応は限定的と考える。中小型株の方が相対的に買いが入りやすいと思われるが、米国株の大幅高や円安進行といった、ポジティブな材料があれば、大型株にも買いは入るだろう。ジャスダック平均に関しては、25日線(4109p、2/19)が射程圏内に入ってきた。同水準を早々に抜いてくれば、新興市場の中でもジャスダック優位の流れが強まる可能性がある。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン