速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】市場の目=堅調が続いた豪ドルに一転の兆し 低インフレ続くなか準備銀が豪ドル高けん制を強めると予想

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

堅調な推移が続いた豪ドル相場に一転の兆し
低インフレが続くなか、準備銀が豪ドル高へのけん制を強めると予想

 昨年末以降、世界経済の自律回復や国際商品市況が底入れするなか、国際金融市場での「米ドル安」も追い風に豪ドル相場は堅調な推移をみせている。交易条件の改善や堅調な雇用環境はインフレ圧力に繋がると見込まれたが、10-12月のインフレ率は前年比+1.9%と準備銀が定めるインフレ目標を下回る。雇用改善にも拘らず賃金が伸び悩んでいるほか、足下の豪ドル高も物価の重石になっているとみられ、足下の物価の動きは準備銀による早期利上げ観測の後退に繋がる可能性は高いと見込まれる。

 6日の次回会合で準備銀は金利を据え置くほか、豪ドル高へのけん制姿勢を強める可能性も考えられる。足下の豪ドル高は「米ドル安」が影響しており、先行きもこの動向に引きずられる可能性はあるが、商品市況の頭打ち感などを勘案すれば上値は重くなると予想する。足下の建設需要上振れの動きは企業部門が中心であり、早期利上げには繋がらないと見込まれる。結果、堅調な動きが続いた豪ドル相場は先行き上値が重くなると見込まれ、日本円に対しても同様に上値が重くなる可能性は高いとみている。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン