月曜コラム「週刊 独り言」|FXブログ|外為どっとコム

"中間選挙の年はドル安&円高か?"


凡そ15年も書かせて頂いて来た"週刊・独り言"ですが、今週で最終号と成ります。
永らくご愛読を頂き有り難う御座いました。

"日刊・独り言"は引き続き書かせて頂き、今迄の"週刊・独り言"の代わりに外為さんの"マーケット情報"の"最新レポート"のコーナーで"酒匂レポート"に個人的な意見を書かせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。

外為.png




先週のドル・円相場は米株式市場と債券市場の混乱を受けてリスク・オフの動きと成り結果として円高が進む事と成った。

前週発表になった1月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想の+18万人を上回って+20万人と成り、また平均時給が前年比で+2.9%(市場予想は+2.6%)で米国雇用関連の力強さを見せたが市場の捉え方は少し違ったらしい。

特に前年比+2.9%の賃上げはインフレ懸念を台頭し、長期金利が急上昇して株価を押し下げる事と成った。

確かに素人目に見ても単月とは言え、前年比の賃金上昇率と10年物債券利回りが殆ど同じと言うのは解せない。

将来のインフレを懸念して長期金利が上昇するのは極めて当然か?

そして長期金利が上昇すると株価が下落するのも極めて当然か?

また株価下落と同時に株価指数S&P500を対象としたオプション取引のボラティリティーを元に算出したVIX指数が大暴騰し、大手金融機関の幾つかが多大な損失を被ったと言うニュースが流れ、リスク・オフの流れを加速させた。

週明けの5日(月)はダウ平均株価は過去最大の下げを演じ前日比-1,175.2で引け、金曜日との下げを加えると実に1,800ドルを超える下げと成った。

その後火曜日は567ドル戻し、木曜日は再び1,000ドル以上の下げ、そして金曜日330ドル上げ、今週月曜日410ドル上げと落ち着きの無い動きを見せて高いボラティリティーが続き、ドル・円相場も火曜日安値108.46、木曜日戻し高値109.78、金曜日は再び安値108.04と方向感の無い動きを見せた後、今週に成って安値108.44、高値108.88と落ち着きを取り戻したが、株価や債券利回りの動きと比べて下値は底堅く、又上値も限られている印象を受けた。

ダウ平均株価、日経平均株価共に値を多少戻してきたが、金融市場のこの混乱は今暫く続くのではなかろうか?

ところで今年は米国中間選挙の年である。

支持率低迷に悩むトランプ大統領の保護主義的言動が気になるところであるが面白い統計が有る。

変動相場制に移行した1973年以降11回の中間選挙が行われたがその内、年の終値が始値よりも低い陰線が9回有り、逆に陽線と成ったのは2006年の2014年の2回だけであり2006年は僅か110銭の上昇で、1443銭上げた2014年はアベノミクスの超金融緩和政策が行われている真っ最中であった。

中間選挙が行われる年に米国大統領が敢えてドル安政策を取った、或いは取ると断言するには無理が有ろうがこの統計をNote.=(留意)しておく必要は有ろうか?

    始値  終値

1974 280.82 301.01 -20.19(-7.2%) 陰線

1978 237.59 194.29 -43.30(-18.2%)  陰線

1982 218.76 234.70 -15.94(-7.3%)  陰線

1986 199.15 158.31 -40.84(-20.5%)  陰線

1990 146.25 135.75 -10.50(-7.2%)  陰線

1994 112.49 99.56 -12.93(-11.5%)  陰線

1998 132.43 112.95 -19.48(-14.7%)  陰線

2002 132.03 118.75 -13.28(-10.1%)  陰線

2006 117.88 118.98 +1.10(+0.9%)  陽線

2010 92.97 81.15 -11.82(-12.7%)  陰線

2014 105.23 119.66 +14.43(+13.7%)  陽線

2018 112.61 ? ?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 


無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン