酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

トルコリラ。

情報によると昨日のロンドン市場でリラの翌日物スワップ取引金利が年率1200%に達したと言う。
此れは31日に行われる統一地方選挙を控えてエルドアン政権が投機的なリラ売りをけん制する為に国内の銀行に対して国外の銀行や投資家に対してリラのスワップ取引を制限した為に流動性が枯渇した為に起きた現象であるが、甚だ危険なオペレーションだ。
市場参加者は”そんなにリラの状況は悪いのか?”と疑心暗鬼になり、案の定株、債券、リラが売られてトリプル安となった。

歴史的にもイタリアリラで同じ様な事を経験した記憶が有るが、結局はイタリア リラは大きく売り込まれた。

投機の為替通貨の売りを金利調整で一時的に凌ごうとするのは極めて難しいのだ。

先週末の大きな下げから戻しつつあったのに残念ですな。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン