酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

過大な期待は禁物。

米中貿易摩擦を解消する試みとして両国が次官同士の事務レベルで公式協議を始めると伝えられ、ニューヨーク市場では株高が進んだが為替市場への影響は少ない。
この問題に対しての中国の反発は割合穏やかなものであったが米国は容赦しない。
今回の協議でも中国に対して”関税の引き下げ。”,”技術移転強要の終了。”,”人民元相場の是正。”を求めているとされるが、元々関税で喧嘩を吹っ掛けたのは米国であり、又人民元も介入などで意図的に下げたものではない。
中国がどの様に反応するかが見ものだが余り過大な期待はしない方が良いかも知れない。
今朝のドル円相場は意外に冷静で瞬間111.00を超えたが再び110円台に押し戻されている。

トルコ、中国と海外からのニュースで相場が動く現状ではファンダメンタルズは全然関係無い。

やり難いですな。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン