酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

えーっ、そんな馬鹿な!

昨日、銀行融資の基準金利である東京銀行間取引金利(所謂TIBOR)が1995年の公表開始以降初めてマイナスになったらしい。
これで計算上は銀行の融資金利がマイナスになるのだと言う?
言い換えれば銀行から金を借りると銀行に金利を払うどころか逆に付利(金利を払ってくれる。)してくれる事になる。
流石に銀行は法律家の解釈を根拠として(果て、どんな法律なんだろうか?)融資金利はマイナスにしないで0%に留めると言う。
此れも又言い換えれば銀行がタダで金を貸してくれる事になる。
以前からスイスではスイス フラン上昇を防ぐためにネガティヴ インタレスト(マイナス金利)を導入しているが、其れが日本でも起きるとは..
元銀行員の端くれとしては中々理解出来ない。

これから銀行はどうやって儲けていくのか知らないが、此れからは超金融緩和政策の弊害も論じられるのだろうな?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン