酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

ECB.理事会が終わって。

ECB.理事会が終わり、先ずは市場の予想通り政策金利は据え置きで9月に終了予定の資産買い取りを、金額を減額して12月まで継続すると言うニュースが流れた。

まあ此処までは前日のFOMC.と同様想定内であり、ユーロ・ドルは発表前の1.1800近辺から1.1850まで値を伸ばし、シメシメ思ったが直後に"利上げは2019年夏まで行わない。"との報が出てユーロは暴落しあれよあれよと言う間に1.1600を切るまで下落した。
ユーロ.png

あれ程のマグニチュードの下落はBrexit.以来ではなかったかなあ?

テクニカル分析を得意としているソースから、"現在の1.17001.1800のレンジを何方かに切れば何れの方向にも大きく動く。"と聞いていたので上サイドには利食いオーダーを置かずに下サイドにストップ・オーダーを出しておいて難を免れた。

後から聞いたところによると矢張り1.1700近辺には大量のストップの売りオーダーが有ったらしい。

ユーロが下がればドルが上がる。

昨日はドル・円相場の動きはユーロ・ドルの動きに比べれば大人しい物であったが今日は流石にキャッチアップして先程110.90の戻し高値を付けた。

そのチャート筋は529日に付けた1.1510を切ると1.1000を目指すと言う。

チャートを良く知らない塾長には1.1850から1.1000まで下げるロジックが理解出来ない。

もしユーロ・ドルがそんなに下げるんならドル・円も上がるんだろうな?

ユーロ・ドルが1.1510を下切るか?

ドル・円が521日に付けた111.39を上切るか?

(個人的にはそれは起きないだろうな思うのだが、果て如何に?)


ECB

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン