酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

America first.ってか?

アメリカでは為替に関しての発言は大統領と財務長官しかしては成らない事に成っている。

最近はそうでもないが、何処かの国の様に色々な人(政治家)が無責任発言をすることは無い。

ところがその二人がドル安が良いと言ったり、逆にドル高が良いと言うのでは適わない。

市場は混乱して一時ドル円相場は安値108.50を付け、もしかして107円台も有るかと思われたが今朝は急激に値を戻して高値109.76を示現した。

トランプ大統領は"ムニューシン氏のドル安容認発言は誤って解釈された。"と述べたが真意は分からない。

個人的には本音はムニューシン財務長官と同じだと思うのだが....

またトランプ大統領は一旦反故にしたTPP.協定について"良好な合意が得られればTPP.参加を検討する。"と述べたらしいが何を考えているんですかね?

そうか、America first !か?

ドル・円も余り戻りを期待しない方が良いのかな?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン