酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

買いたくないので逆指値の売り。

月曜日、火曜日と両日米国長期金利が下がってドル・円相場も111円台まで下がったが、オペックによる原油減産合意決定などを背景に再び金利が上昇し、再び大した抵抗も無く先週高値の113.90をあっさり超え、今日の東京市場では高値114.83を付けた。

結局105円、110円などの大台も問題なくこなしてもうこうなると"ちょっと行き過ぎだろう。 此処ら辺で止まるだろう。などの勝手な推測は意味を持たない。

此処までのドルの上昇は"全くの想定外"なので様子を見ながら"逆指値"=(下がり出しあたらあるレベルで追い掛けて売る。)のオーダーを出したいと思っている。

中途半端なレベルだと切り返される危険性が高いので要注意。

よく使う手は、IFD.で113.40で逆指値の売りを入れ、同時に113.60で逆指値の買いを入れて、113.40以下ではショートで113.60より上ではスクェアーと言うやり方である。

(このレベルはご参考までです。)

未だそんなことを言っているのかとのお叱りを受けそうだが、どうも110円を超えてから買う気がしないのだ。


酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン