酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

107円の攻防。

トランプ リウォードは続き、株価は続伸しドル円相場も何回か107円突破を目指したが中々上切れない。

どうやら107円にキャッシュ、オプション絡みの巨額なドル売りオーダーが存在するらしい。

ディーラーはこのオーダーをバッファーにして手前でショートに振るのは簡単だ。
オーダーが自然のストップに成っている。

此れが切れたらもっとドル上昇も考えられるが、何時迄もトランプ リウォードが続くとも思えないのだが....

コメント一覧

コメント3件

株の方でちょこちょこついていっていますが、
トランプ氏がドル高を容認するとは到底思えません。
①中国メキシコ日本から雇用を取り戻す。為替は不公正な水準。
②1970年代のニクソン大統領が行った課徴金政策のようなものを採る可能性がある。
③同盟国防衛を継続するには、防衛される側のコスト負担が不可欠。アメリカには余裕がない。
FXは現在見送り継続です。市場関係者がショックで妄想を膨らませているようにも見えます。
選挙前の予想といい、市場の誤りではないでしょうか。いずれ現実を見て是正されると思います。

投稿者:次郎 | 2016年11月11日  12:29

資金還流の税率下げるからですか?

投稿者:yuji | 2016年11月11日  18:45

 「トランプ氏が当選すれば円高ドル安になる」
と、「勘違いかも」しれないが、予想していた。

 ところが「意外やドル高」。これは何を示唆?

 ・・

 ①ヒラリー当選説は、もうない(記事はあるが)

 ②トランプ当選も?捜査最審査国民信任投票?

 ③「米欧日メディア」が変だった。・・画策?
 共和党薔薇区で続投のシナリオが出来上がって
 いた?

 以上、「まともな妄想」?・・

 

投稿者:山中 雅和 | 2016年11月12日  04:44

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン