酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

居心地がいい?

日経平均株価は16,000円台、そしてドル円相場は100円台で依然として余り動意が無い。
夏休み、そしてイェレンFRB.議長の講演を控えて動きづらい事は理解出来るが、意外にこのレベルは居心地が良くて、"よーし売ってやろう!"とか逆に"よーし買ってやろう!"と言う風に感じる人が少ないんですかね?
シカゴIMM.は相変わらず円•ロング(ドル•ショート),逆に我が国の個人投資家の皆さんは相変わらず円•ショート(ドル•ロング)の相反するポジションを保持している。
当然シカゴIMM.はドルが下がったら良いなと思い、個人投資家の皆さんはドルが上がったら良いなと思っている筈である。
という事はドルが下がったら買いたい人(シカゴIMM.)が居て、ドルが上がったら売りたい人(個人投資家の皆さん)が居る訳で、この動意の無い狭いレンジ相場はもう暫く続くのかな?


コメント一覧

コメント7件

>この動意の無い狭いレンジ相場はもう暫く続くのかな?

流石ですな

投稿者:昔の名前で出ています | 2016年8月27日  13:23

日銀はマイナス金利をさらに深堀りすべきである
~日本の自然利子率と実質金利からみた日銀のマイナス金利
~ジャクソンホールで流行の自然利子率で見たマイナス金利

とうしろ個人投資家
2016/08/28

1 ここで述べたいこと

 =日銀はマイナス金利をさらに深堀りすべきである

2 日銀がマイナス金利をさらに深堀りすべき理由

a) 日銀がマイナス金利をさらに深堀りすれば、日本経済にデフレ圧力がかかる。

b) 日本経済にデフレ圧力がかかれば、円高、株安が進行する。

c) そうすれば、日本の個人投資家、特に長期分散投資家に次の投資チャンスが早くめぐってくる。デイトレーダ、スキャルパーには無関係。

d) よって、日銀はマイナス金利をさらに深堀りすべきである。

3 詳細な説明

 以上のことは次のとおり単純に論証できる。

予備定義1:実質金利=名目金利ー期待インフレ率

予備定義2:期待インフレ率=予想物価上昇率=ブレークイーブンインフレ率=BEI=インフレスワップ金利、その他

1) 日銀は実質金利を [自然利子率>実質金利] に誘導し、インフレ率2%を実現しようとしている。そのためにマイナス金利を導入した。日本の現状は [自然利子率<実質金利] である。

2) マイナス金利の導入により、銀行の収益が減少し、個人を含む経済主体が処分できる所得が減少する。このため期待インフレ率が低下することにより、予備定義1から実質金利は上昇する。

3) このため、マイナス金利により、現状の [自然利子率<実質金利] がさらに増幅され、日本経済にデフレ圧力がかかる。

4) 従って、円高、株安が早く進行し、個人投資家に次の投資チャンスが早くめぐってくる。

5) よって、日銀はマイナス金利をさらに深堀りすべきである。

4 参照文献

i) Monetary Policy in a Low R-star World, John C. Williams, 2016-23 | August 15, 2016
http://www.frbsf.org/economic-research/publications/economic-letter/2016/august/monetary-policy-and-low-r-star-natural-rate-of-interest/

j) Federal Reserve Bank of San Francisco
http://www.frbsf.org/?utm_source=frbsf-logo&utm_medium=frbsf&utm_campaign=rebrand

k) 日本のことわざ=風が吹けば桶屋がもうかる

■以上

投稿者:日本の自然利子率と実質金利からみた日銀のマイナス金利 | 2016年8月28日  13:44

余裕があって、次の投資チャンスがめぐってくることを待ち望んでる人より、既に目いっぱい投資しちゃって、含み損を抱えてる個人・公的機関にとってはどうなんでしょう?

投稿者:桶屋じゃないから儲かりません! | 2016年8月29日  12:02

"日本の自然利子率と実質金利からみた日銀のマイナス金利” さんへ

クロダ代理人です。反論します。

「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」による予想物価上昇率のリアンカリング
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2016/data/ko160828a1.pdf

投稿者:クロダさんの代理人 | 2016年8月30日  09:30

桶屋じゃないから儲かりません! さんへ

>余裕があって、次の投資チャンスがめぐってくることを待ち望んでる人より、
>既に目いっぱい投資しちゃって、含み損を抱えてる個人・公的機関にとっては
>どうなんでしょう?

常に長期分散投資の基本原則を守って投資してください。(デイトレーダ、スキャルパーは無関係)

日本の分散投資のテキストでは、分散ポートフォリオさえ正しければ、
 a) 銘柄選択
 b) 投資のタイミング=ポートフォリオ組み換えのタイミング=割安/割高判定
はどうでもよい、と解説されています。

しかし、5-10年周期の景気循環に従う長期分散投資の場合、a) は正しいですが、b) は誤りです。割安の時にポートフォリオに入れ、割高の時にポートフォリオから外すように、ポートフォリオシフトする必要があります。

最近マスコミを騒がせているx公的機関は、日本の分散投資のテキストどおりにポートフォリオシフトしてしまいましたので、5-10年周期の景気循環で見た場合には損失を発生しています。しかし有名な800年周期の景気循環で見た場合には、400-800年後には大きな運用利益を出します。短期的な損失は、後々の世代のための捨て石と考えて超長期でガマンしてください。

既に目いっぱい投資しちゃって、含み損を抱えてる個人としても、400-800年後に大きな運用利益が出ますので、希望を捨てないで超長期でガマンしてください。

運用利益を出す長期分散投資の基本原則については、次のURLで詳細に説明されています。
http://www.gpif.go.jp/

参照文献

1) https://www.amazon.co.jp/Business-Cycles-Theoretical-Historical-Statistical/dp/0879912634/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1472525167&sr=1-1&keywords=business+cycles

2) ことわざ1=複数の卵を1個の器に集中して入れるな。
  ことわざ2=卵は安い時に買え。そして高い時に売れ。
  ことわざ3=安かろう、悪かろう。

■以上

投稿者:とうしろ個人投資家 | 2016年8月30日  12:13

400ー800年後に日本の人口は・・・?

40-80年後ですら、うちの家系絶えてると思います?

ことわざ1は実践しているつもりです。
ことわざ2は売り時が400-800年後ですか?
ことわざ3のここでの意味がわかりかねます?

クロダさんの代理人さんには返答しないのですか?

投稿者:捨石になりたくありません! | 2016年8月30日  14:15

400ー800年後に日本の人口は・・・? さんへ、

とうしろ個人投資家です。
August 31, 2016

とうしろ個人投資家は、長期分散投資のチャンスが来るまでは、主に株と為替のスキャルピングを細々とやって遊んでいる相場師、投機屋であり、経済学者ではありません。

さすがに日銀のクロダさんと論争する気にはなれません。バックには浜田内閣官房参与(浜田宏一・米イエール大名誉教授)もいます。

従って、どちらの主張が正しいのか、それらの主張のどこに誤りがあるのかの判定は、アカデミズムの世界の方々にお願いしたいと思っています。アカデミズムの世界でもっと論争すればよいのに、、、

外為どっとコムさんであれば、以前からマイナス金利に反対していた野村雅道(のむら・まさみち)さんあたりが良いと思います。野村さんは中京大学講師もなさっている方であり、純然たる経済学者です。ぜひ外為どっとコムさんの動画で、とうしろにも分かるように解説をお願いしたいものです。

もっとも今、論争しなくても、数年後には市場が、どちらの主張が正しかったかの判定と結論を出してくれるでしょう。

参照文献

a) http://jp.reuters.com/article/hamada-forex-japan-boj-idJPKCN11511R
(浜田さんは、3ケ月以上の期間でみれば存在を無視できる投機のせいにしたいようで、こんなはずではなかったと、何かムキになって焦っているように感じます。)

追記 A

ことわざ3は、安いと思って買っても相場は 99.999999999999999% 逆行するので、アベレージインで入れと言っています。それから、逆行に耐えられるレバレッジにするように。長期分散投資では原則、損切りはしないので。デイトレード、スキャルピングは別。

追記 B

とうしろ個人投資家は、株は主に指数連動ETF/ETN/REITをやってます。最近では、個人的には、NYダウ、ベアETN、為替ヘッジあり、東証コード=2041、が絶好のチャンスだと思ってます。要するにNYダウの下落にかけているわけですが、どうでしょうか?ご意見ください。
http://quote.jpx.co.jp/jpx/template/quote.cgi?F=tmp/stock_detail&MKTN=T&QCODE=2041

■以上

投稿者:とうしろ個人投資家です | 2016年8月31日  10:14

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン