酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

G7声明も効果無し。

今日の本牧花壇の花はセネッティ。

G7が
「英国民投票受けた市場の動向を注視する」
「為替の過度な変動や無秩序な動き、経済に悪影響」
「緊密な協議のうえで適切に対応する」
との声明を出したが市場の反応は殆ど無し。
どうせ何も出来ないだろうと高を括っているのかな?

ポンド安とユーロ安はドル高であり、此処で円売り&ドル買い介入を単独で行うのは難しいのであろう。
又此処で介入を行えばトランプに日本叩きの絶好の口実を与える訳で、此れも中々悩ましいところであろう。

来週も荒れる展開となりそうである。


コメント一覧

コメント3件

来週は落としどころを探る展開、というのが参加者の一致した見解のようです。
昨晩は102円台でピクピクしていましたので、
寝る前までやれるだけ回転させました。
102円付近まで下げて終わったようですので、週明け仕切り直してやってやろう、
という人も多いのでは。
今回の件でわかったのは、金融市場と国民国家市民多数との意識の乖離の大きさです。
グローバリゼーションの恩恵を享受している層と、弊害を受けている層の断絶です。
アメリカ大統領選はどうなるでしょうか。EUの首魁であるドイツの政権先行きすら不透明です。
グローバリゼーションの弊害をより多く受けている層の人口の方が多いのです。
大統領選や国民投票でYes/Noを問えば、どちらが勝つか、わかりきったことです。
これから、金融市場もさらに動揺するのではないでしょうか。個人トレーダーには稼ぎ場です。

投稿者:次郎 | 2016年6月25日  11:23

いつもありがとうございます。
昨夜の麻生さんの話は解りにくかったです。
ポンド安、あるいはユーロ安に対して、過度な動きをしたら、協調介入もあるといっているのか、単独の介入を諫められたのか私には読めませんでした。
相手がポンドであり、ユーロのため、介入は難しいと思いますし、リーマンの時はドル安だったにせよ、今の円の値は他の通貨に比べべらぼうに安いと思うし、世界の潮流が明らかに変わったとするなら、100円どころではないと考えるからです。
当面、資金の流動性が確保できたなら、100円より上はドル―ロングのストップ(損切)オーダーは少ないと思うので、ショートカバーに気を付けてでしょうけど、再び下に行ったときどうなるか、どう対処していくか、週末検討です。

不完全だとお互いわかっていても理想の旗のもとに、できたEU。ベートー・ヴェンの「第九」の合唱も大好きだったんですけどね。
ロングが多い日本直撃に、FXの灯がしぼまないことも、合わせて祈ります。
お花の一服と、よい週末を。

投稿者:koga | 2016年6月25日  14:23

英国のEU離脱の手続きは単純で時間やコストはかからない。貿易協定部分はほとんどEUの協定のとおりとし(少し修正し)、人の移動の自由の部分だけを除外すればよい。

多くの人が、英国のEU離脱の手続きには、時間とコストがかかって大変だと言うのが理解できない。1ケ月でできる。2年あれば十分すぎる。

投稿者:totoro | 2016年6月26日  10:59

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン