酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

面白い情報。

ドル・円相場はじり安となっている。

日経平均株価の下げが止まらず、今朝も300円超の下げを見せて6日連続の下げの展開を見せている。

当然リスク・オフの動きとなって円高が進む。

3月17日に付けた今年の最安値の110.67を下切れるかが注目される。

下は外為さんが提供している10時50分現在の外為注文情報であるが、110.80に大きなドル買い注文が有り、その下の110.50にもそこそこの買い注文が有る。

WS000000.JPG


興味深いのは110.50では買い注文を上回るストップの売り注文が有る事である。

要するに110.50が付いたらロングのポジションを解消するか、或いは新たな攻撃的なショートのポジションを取りたいと言う人が沢山居る事を表している。

よく見ると全てのレベルにドル買い注文とストップの売り注文が有ることが分かる。

中々面白い情報でありますな。

丁寧にやりましょう!

コメント一覧

コメント4件

この板をみた瞬間に円高でしょう、と勝手に反応しています。
昨晩からクラッシュを期待していたのですが、大したことないですね。
外為さんの特性では、この板は売り板ですよね。

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年4月 5日  19:34

他に聞けるひとがないので、教えてください。
トルコ円をレバ1倍で買っていますが、もしトルコがユーロに加盟したら、かつているトルコリラはどうなるのですか?
ユーロに転換?リラが無くなる時点で決裁?

投稿者:おたけ | 2016年4月 7日  08:13

塾長に聞いているのですか

私であるならば答えはFXはバーチャルな取引なのでなんでもありという覚悟がない時点でアウトとは思います。

トルコがユーロに加盟するのは現時点で可能性は多いにあると思います。その場合、ユーロとトルコの交換レートが設定されると思います。金融庁管轄のFX会社の場合はたぶん移行するでしょう。海外の場合は何をやられてもおかしくないと思います。
交換レートはユーロリラの平均値を採用するか、ないしは経済格差、代表的なものはPPPになると思いますが、を参考に決定すると思います。
トルコという国は経済成長は相当見込めますが、ビジネス上はお金のない国なので商売になりません。そういう事情をしっていれば失くしてはいけないお金を投資する国ではないと個人的には感じます。

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年4月 7日  20:57

丁寧な説明有難うございます。
そうですよね、リスクの高い国の通貨なのだから、冒険はしないと思っていたのですが、買う時点で冒険ですね。

投稿者:おたけ | 2016年4月 9日  10:35

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン