酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

長期的ビュー

ドル・円相場がじりじりと値を上げて何と今日を含めると3月18日から8連騰となる。
値幅は違うが、1月29日からの約10円下げたあの時も凡そ8回下げ続けた後、暫くレンジ相場となった。
今回はあと何日上げるか分からないが、前回の下げ相場と違って実需のドル売りが確実に出て来るので、一気にドル高&円安には成らないと思っている。

sakoh_20160329.png

昨日のGI24.に以下の個人的意見を投稿したが、果たしてどうなるか?

"今年のドル・円相場は年初120円で始まり、1月29日に高値121.60を付けて110.95まで急落。
その後暫く112~114のレンジをこなして、FOMC後に今年最安値の110.67を付けた後6日間連続してドル高&円安となっている。

この背景には何人かの地区連銀総裁のタカ派的発言(一時、年2回程度の利上げ観測に後退していたが、先週からは4月の利上げの可能性も有るという風に変わった。)でドルの買い戻しが入った事も有る。

もしかして再び112~114.50のレンジに戻ろうとしているのかも知れない。

漠然としたイメージとして、サミットや参議院選挙を終えるまではドルの堅調は続き、その後米大統領選挙が近づくにつれてトレンドが逆転してドル安&円高に転じ、現在までの今年の最安値の110.67を下切れるのかなと思っている。"

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン