酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

スーパー・チューズデイ。

今日は秋のアメリカ大統領選挙の行方を大きく占う予備選挙であるスーパー・チューズデイである。

共和党、民主党何れにせよこのスーパー・チューズデイで勝った候補者がその後の本選挙で大統領に選ばれる確立が高く、その意味では今日の結果は大変注目される。

共和党では過激派のトランプ氏が支持率で2位以下の候補に大きく水を空けていると伝えられるが、ご存知の様にトランプ氏は中国や日本との大きな貿易赤字がアメリカ人労働者の仕事を奪っていると公言して憚らない。
そして日本は意図的に円安誘導をしていると吼える。
一歩リードしていると言われる民主党のクリントン女史もTPP.に反対で、同じく日本が円安誘導していると言う。
クリントン女史の後塵を拝しているサンダース候補も極めて保護主義的な主張を行い、TPP.に反対している。

何だか誰が勝っても保護主義台頭=日本への批判の増大と、同じく円安批判が起きる可能性は否定出来ない。

うーん、何だか嫌な感じがしないでもないな。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン