酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

FOMC.

昨日開催された日銀政策決定会合では市場の予想通り政策の変更は無く、次の焦点は日本時間明日の朝終了するFOMC.だ。

今回のFOMC.では利上げは行われないと見るが、声明文の景気・物価見通しの発表、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見は注目に値する。

声明文がタカ派的(利上げに積極的)であれば株価は下がり、ドルにはポジティブであろうがリスク・オフの動きが出ればドル・円は下がる可能性が高い。

逆にハト派的(利上げに慎重)であれば株価は上がり、ドルにはネガティブであろうがリスク・オンの動きが出ればドル・円は上がる可能性が高い。


何れにせよ現状の112.00~114.50のレンジを切るほどの勢いは無いかも知れないな?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン