酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

黒田レンジ?

今日は日経平均株値が114円安で引け、ドル・円の頭が重い展開が続いた。

金曜日の驚きの日銀によるマイナス金利導入は完全には消化されていないのではないのかなあ?

今朝のテレビ東京のモーニング・サテライトを見ていると円の名目金利が下がっても、ドルと円の実質金利差は縮小傾向が続いており、それから計算すると1ドル=108円くらいが適正であると言う意見が有ったが、興味深かった。

何だか115~125が"黒田レンジ"の様な感じがしてきたが果たしてどうだろう?

先日も言ったが、少なくとも黒田バズーカ第一弾、第二弾の時とは違いますな。

コメント一覧

コメント1件

この緩和は実は単なる口先介入です。
年間80兆円増やすものと今までおいていた当座預金にはこれまで通り金利は付与されます。
金利で稼いだ分と余剰資金だけが2/15からマイナス金利です。
つまり緩和と騒いでも実質上、今までと変わりませんから円高継続なんですけどね。
アメリカ国債10年物が南欧債務危機と同じ水準ということが気になりますね。
国債価格上昇=金利安=ドル安でないでしょうか?

もう一回どこでドルを買いましょうかね?

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年2月 2日  21:02

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン