酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

春の鎌倉。

ポカポカ陽気に誘われて鎌倉の長谷寺を訪ねた。

随分久し振りであったが春の鎌倉は清々しかった。

ドル円相場は週末上海で開催されるG20.に於いて金融不安を払拭する様な具体策が出ないとの観測が広がって一時112円を割り込んだが、直ぐに112円台のミドルまで切り返した。

今週は神経質な動きが続こうが来週からは多少明確なトレンドが見られるのかな?

さあ円高か、それとも再び円安に戻るか?


コメント一覧

コメント3件

榊原さんが何の脈略もなくでてきたということは?と考えていました。
榊原さんが円高論者ということを強調したかった?

もしくは、東南アジア通貨危機の際、陣頭指揮を執ったのが榊原さんとサマーズさんでADB開銀に絡む黒田さんということを思いだしてほしい?記憶間違いならごめんなさい。

きのうの円高に関しては毎月の恒例行事なので予想はつきましたが。
今後の展開はファンダを考えると円安ですけどね。

G20でまともな政策など期待はしていませんが、状況的には東南アジア危機の二の舞になってもおかしくないですけどね。今年はNYダウの銘柄入れ替えあるのかな?

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年2月25日  08:12

兄ちゃん・・・と言うことは、私より若いのでしょうね!?

私は栃木県に足を一歩も踏み入れたことがありませんが、
那須に従姉が結婚して長年住んでいます。

ご主人の出身地でもないのに、仕事の関係だったかな?
とにかく、リタイアしてもそのまま住み続けています。

前振りが長くなりましたが、『今後の展開はファンダを考えると円安・・・』とは、どのようなことから判断されたのでしょうか?
よかったら、ご教示ください!

ヒラリーさんまで、「円安対抗措置取る!」なんて言い始めたのは、どうも、あの発言の仇討ちかな・・・?なんて、独断と偏見で思ってしまいます。

投稿者:○○の田舎出身のおばさん | 2016年2月25日  11:21

那須はいいですよ、ここに住んだらもう二度と東京に戻りたくないですね。
とにかく時間に追われないし、人もみな豊かです。いいところです。

塾長を差し置き失礼ですが、根拠は日米の経済格差です。
去年も開きましたが今年もどの国際統計をみても拡大の一途です。よく専門家がドル円レートを解説するときに円の分析ばかりをしてドルの分析をしないアナリストがほとんどですよね。本来、ドル円とはアメリカと日本の経済格差を数字で表したものですがらアメリカの分析も入念に行わなければいけないのですが、ほとんどの方はしていません。だから外れるのです。

それが根拠です。

そのほかの付帯要因として東アジア通貨安があり、中国を含めた東アジア通貨が現在暴落していますので人民元安で円高になるように東アジア通貨安イコール円高になるのです。ここがたぶん、塾長の心配されている点だと思います。

ただ、基本の長期としてはドル円というからにはアメリカと日本の経済比較なのですからその格差が拡大しているのだから円安というのがファンダの根拠で、私も最終的には円高になるでしょうね、ということです。
この円高の中身が問題で日本の経済が縮小して円高になるのか、拡大して円高になるのかが一番の問題ですけど、今のまま円高になれば悪い円高でしょうね。
日本の政治家はここのところを全く理解する能力がなくそれを防ぐ政策も出せないのに、不倫やサボリ、未公開株、収賄、他国を侮辱する発言、本当にこの人たちが国の代表者かと思います。
おそらく1億総活躍社会のあとは資産デフレを防ごうと我が国の首相さまは発言しますよ。自分が残した借金を清算してから彼には首相を退いてもらいたいと思います。上手くいかないから辞めればいいという発想で、あとの余生が保証されているからまじめにやらないのです。

クリントンさんは旦那がバリバリの親中派ですよね。彼の知恵袋がキッシンジャーなので当たり前ですけど。ドル高がアメリカ経済を苦しめているのは周知の事実なのに日本のマスコミはそれを無視して軽減税率の論功賞。イエレンさんはしょっちゅうユーロに対してはドルが高すぎると言っているのに日本で報道された試しがありません。クリントンさんの発言にはあの発言は関係ないと思いますよ、おそらくユーロを叩くよりは円を叩いたほうが自分の政治信条にあっているからだと思います。

以上失礼しました。

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年2月25日  19:11

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン