酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

追加金融緩和。

日銀が5対4でマイナス金利導入を決定したらしい。

何故12時半頃にニュースが出たのかは定かではないが、一時日経平均株価は600円近く上昇し、ドル・円相場も121.40まで急騰した。

今は再び下落して日経平均株価は約150円安の16,900円でドル・円相場は119円台のミドル。

正直言って、黒田さんは追加金融緩和を行わないだろうと思っていたのでびっくりした。

只、バズーカ第一、第二弾と違って株価、ドル・円相場共に頭を打った後の値動きが気になる。

今回追加緩和をしないだろうと思った理由は参院選挙を控えて"弾を温存しておくだろう。"との観測だったのだが、実際今回の緩和が効かなかったらどうするのだろうか?

ふーむ。

黒田さんの記者会見を聞いてみることにしよう。

コメント一覧

コメント2件

為替相場を長く観ている者としては。
三重野、白川、黒田が歴史に残る三大イデイオット。
だと思っております。
黒田総裁はインフレ2%は到底達成できず。金融緩和後の
収めどころも考えていないでしょう。
まあ世界デフレ後の悲惨な状況の時には天下りしている
でしょうからNO MATTER.
役人は責任を取らなくていい習慣は明治時代からでしょうか?
上から下まで役人は自己責任をとって頂きたいと思います。
甘利なんとかも受託収賄になぜ問わないのでしょうか?
不思議国、日本。

投稿者:青い影 | 2016年1月29日  21:57

陰に隠れてアメリカの成長0.7ですね。
緩和さえ行われていなければ円高でしたけどね。

そういえば、元大蔵財務官の行天さんも政策金利なんか関係ないと思う、と仰っていることを著書でしりました。

マイナス金利という政策転換でより一層の円安という偉い先生方が大勢いると大損する方もいっぱいいますね

軽くドル売り開始しますかね。

投稿者:那須の山奥の兄ちゃん | 2016年1月30日  13:18

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン