酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

FOMC.が終わって。

恐らく今年最大の、そして最後のビッグ・イベントとも言われたFOMC.が終わり、市場の期待通り0.25%の利上げが決定された。

ドル・円相場は発表直後に120.30まで上昇し、直ぐに121.70まで反落。
再び122円近くまで上昇した後じわじわと値を下げて121.40を瞬間割ったものの直ぐに値を戻して122.20近辺で揉んだ後、東京市場では日経平均株価の堅調にも支えられて122.50~122.60位で静かに推移している。

結局は更なる利上げ期待でドルがじり高と言う事か?

利上げ期待で株価が堅調と言う事が中々理解出来ないのだが、不透明感がある程度払拭されたからかなあ?

欧州市場と新興国市場がどう反応するかを見極めたい。

久々に(いや殆ど初めて)早朝に起きて相場を見ていたので、眠いこと、眠いこと!

もう直ぐ埼玉まで出掛けて、投資している会社の株主総会に出席して来よう。
この新進気鋭の会社の株主総会に出ることで何時も元気を貰っている。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン