酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

さあ、来週は大変です!

昨日の欧米市場ではECB.理事会後のドラギECB.総裁の極めてハト派的な発言によりユーロが急落し、株価が上昇してドルは殆どの通貨に対して上げた。

リスク・オンでは売られる通貨である円が対ドルで下落し今日の東京市場では暫くレンジの高値である121円を超えるかと思いきや、120.98で持ち堪えてその後は120.30台まで下落した。

ダウ平均株価は欧州市場の株価上昇を受けて320ドル上昇したが、債券市場では欧州債から米債へのシフトが起きて金利は多少ではあるが下落してドル・円が昨日の様なスピードで上がる状況ではなかったかも知れない。

来週は我が国では注目の日銀政策決定会合、そして米国ではFOMC.が開かれ年末に向けてのドル・円相場を大きく方向付ける動きになるかも知れない。

昨年の黒田バズーカ第二弾に引き続き更なる金融緩和を期待する向きも多いが、果たしてどうだろうか?

個人的には現時点では"自己否定にもなる様な"緩和を黒田さんがおやりになるとは思わないのだが、それは塾長の勝手な思惑です。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン