酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

FOMC.

注目のFOMC.は市場の予想通り、金融政策の変更は無し。
声明文が12月の利上げを強く示唆する内容であった為にドル・円相場は一時121円台を回復したが発表直後の動きは相当混乱したものだった。

日本時間の午前3時に声明文が発表されたのだが、発表時120.45であったドル・円相場は瞬時に119.96まで急落したが、これは利上げが無かったことに対する咄嗟の反応だったのだろうか?
そして1分のうちに120.86まで急騰したのだが、これは12月の利上げを意識したやはり反対の咄嗟の反応だったのであろう。
まあこんな動きをされたんじゃあ溜まりませんね。

そして次は明日の日銀政策決定会合で追加金融緩和が行われるかどうかだ。

さあどう成ることでしょうか?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン