酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

ドイツからの激震。

昨日の独り言で最近のドル・円相場の事を"落ち着きない動き。"と表現したが、結局昨日は高値121.24を付けた後じり安と成って120.49で引けた。

120.80~120.90を上に切った時にはどきっとしたが、やはり121円台は重い感じがする。

イェレン議長を含むFRB.幹部のタカ派的な発言が目立って長期金利が上がり、どういう訳か昨日はダウ平均株価も上がってドルは上昇したが、依然として121円台は重い様な気がしてならない。

先週はドイツの代表的な大手企業で有るフォルクス・ワーゲンのスキャンダルで一時欧州株が相当下げたが、ギリシャが何となく落ち着いて来たと思ったら何と今度は予期せぬドイツ発の大激震が起きた。
来週に成ってもまだ余震は続くと思われる。

依然としてリスク・オフの動きには注意したい。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン