酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

125円の是非。

昨日125円を瞬間超えたドル 円相場は今日は一時124円を割り込んだが底堅い。
今朝アメリカから電話が有ってドル高 円安の話しをしたが、アメリカはやはり現状のレベルが気に食わないらしいのではないのかなあ?

とは言え相場は相場。
今日、100年振りにドルを買ったら30銭しか上がらん。
塾長はドル買いが下手だ。


コメント一覧

コメント9件

>今日、100年振りにドルを買った

塾長は妖怪か何かですか?

投稿者:さっさ | 2015年6月 3日  21:18

>さっさ

挙げ足とんな荒らしが。

投稿者:通り | 2015年6月 3日  21:28

同じようなこと考えているのですね。
変動相場に移行して40年
ずっと円高だったのですから。
2年半円安になったくらいでは単なる戻りの範疇

国力としてのアメリカは強いでしょうけど。
通貨としてのドルは、リーマンショック前の好景気のドル高よりも弱いでしょうね。
100年ぶりという表現は死んでも買いたくない表れと察します。

私はテクニカル的には、長いスパンでは70円相場ありかな、と思っています。

いままで円安で儲けてきた人は、今の状態になると円安と盲信的に信じなければ儲けられない、と思う気持はよくわかりますよね。
でも、そうやってリーマンで大損したのでしょ
今の場面はやらないほうがいいのではないの、と思いますけどね。
高見の見物が一番賢い方法だと思います。

今のセンチメントは非常に危ういと思います。

投稿者:那須の山奥のお兄ちゃん | 2015年6月 3日  21:29

塾長、

今度はドル買いに転じられた様ですが、
それはピポッドのシグナル等とは関係なしでしょうか?
それともピポッドの表示を見ながらの買いでしょうか?

塾長は以前はチャートのテクニカル見たいな事を全くせずにファンダメンタルだけ見ながら行っていて、
最近ピポッドをテクニカルの手始めとして始めてみた、と言う感じだと思うのですが、
実際の塾長のご自身の口座の取引ではどのような取引を行っているのでしょうか?

そこは秘密なのかもしれませんが、以前までブログで話をされてるのを見ると、最近はピポッドを使ったトレードを実際に行っている様に見えました。

この企画での口座は流石にご自身の口座と全く同じ取引、と言う事は無いと思いますが、基本的にピポッドだけを取り出して見せてくれるトレードになると思っていました。

ですが、今回裁量取引のような事を始めてらっしゃいますが、
ごれはご自身の口座の取引と同じ様なものでしょうか?

それともこちらの口座は「見せるため」に頻繁に行うなり結構普段のトレードとは違いますか?

その辺り、全く違うトレードだとすると、ちょっと見方を帰るべきなのかな、とさえ思っていますので。

あと、

> 今朝アメリカから電話が有ってドル高 円安の話しをしたが、アメリカはやはり現状のレベルが気に食わないらしいのではないのかなあ?

とのことですが、無効の経済のお偉いさんとかでしょうかね?
実際に気に食わない、と言う話をされていたのでしょうか?
(思わせぶりな記述ですが、単に塾長がそう感じただけなのか、ある程度実際にアメリカの人がそう言っているのかは大きく違うかな、と。そのために電話の話を出してらっしゃるのだと思いますし。。。)

投稿者:塾生 | 2015年6月 3日  21:53

おはようございます。
歴史的に十分円安な状況になったと感じています。
日本企業業績は上向き、実感物価はとっくに2%越えてるので日銀の目標達成は確率高そうです。
となると日銀の出口論がいつ出るか?
その時の反応は、、、かなり激しいことになりそうな?
逆にさらに円安が進む要因は?、、、日本株?
塾長のご意見をいただけましたら光栄です。

投稿者:フランクリン | 2015年6月 4日  09:38

オイ、ユーロ!

そんなに急いでどこまで上がる・・・?という気持ちですね!?

他通貨もリーマン前のレベルまで戻るのでしょうか?

誰も知らない・・・でしょうね?

それともインサイダーで、ある程度知っている方おられるのでしょうか?

投稿者:神のみぞ知る? | 2015年6月 4日  10:46

塾長がピボットやりだしてから「勘ピューター」という言葉をみなくなりました。
塾長の長年の経験と友人との交流からうまれる「勘ピューター」の復活を望みます。

投稿者:ようおじさん | 2015年6月 4日  11:09

アメリカが気に食わなくても、アメリカが牽制を出しても、中央銀行が実質マネタイゼーションをしている通貨を買う主体はありません。

躊躇なく気合いで買えと公的や準公的が黙認しています。

投稿者:インターチャー | 2015年6月 4日  12:19

さっささん、
ははは、そうかも知れません。

何せ為替を始めた時は302円でしたから、どうもドル買いが下手です。


那須の山奥のお兄ちゃんさん、
別に100年には意味は無く、“随分久しぶりだなあ。”と言う感じなだけです。

2007~2008年に自説を言い続けたら随分ご批判をお受けしました。


塾生さん、
3日の123.65買い、4日の123.80買いは何れも当日のピボットのサポート1です。
4日の123.80の買い、124.65が余りにも当日の安値、高値である為“何かやってるんだろう。”とのご意見が有りましたが、単にレジスタンス1とサポート1であっただけです。

Goddealer.は見せかけだけの口座ではなく、基本的には同じ戦略で行っていますが金額は全く違います。
言い換えれば自分の投資口座でも現在はやられています。
ご批判を受けるかも知れませんが、自分の口座のやられには余り悲壮感は無く、Goddealer.の取引がご参考に成らない事に心を痛めています。

アメリカからの電話ですが、“またか。”と思われる方が多いと思うのですが、今迄彼らのオフレコの話に随分助けられた経験が有るので、Take note.=(気に掛けておく。)しておきたいだけです。


フランクリンさん、
2%の目標達成が可能かどうかは分かりませんが、中央銀行として常に出口戦略を考えている事は間違い無いと思います。

更なる円安が進むとしたら、
‐FRB.による利上げタイミングの早期化。
‐黒田さんが、“やっぱり2%達成は無理だ。降参してさらなる金融緩和を行います。”と白旗を揚げた時。
(言い換えれば黒田さんが目標達成に自信が有る、と仰っている間は絶対に更なる金融緩和は有りません。)

逆に塾長が恐れている突然のドル安&円高が起きるとしたらアメリカの保護主義派の台頭と、当局のドル高牽制です。あ、IMF.も含みましょうか?
只これは現在の勢いの有るドル高トレンドの最中には戯言としか聞こえないかも知れませんが。


神のみぞ知る?さん、
このユーロのVolatility.には付いていけませんね。
Parity.に行くと言っていたら1.14まで行った。
今度は1.18まで行くと言っていたら1.11を切った。

ギリシャもどうなっているのか分からない。
ユーロはまた下がるんでしょうね。


ようおじさんさん、
勘ピューターの演算速度がすっかり遅く成ってしまいました。
先々週はまだそれを信じてやられてしまいました。

ただまだ未練たらしく勘ピューターのスイッチはオンにしておりまして、逆指値の売りを入れています。


インターチャーさん、
この相場展開を見ると、全く反論出来ません。

ではマネタイゼイションを行っている国の通貨は何時までも買えないのかと思うと、そこら辺がよく分かりません。
正直言って菅官房長官の円安容認とも言える発言には驚きました。

投稿者:塾長 | 2015年6月 6日  12:47

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン