酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

シャーロット、その続き。

昨日話題にした、大分・高崎山の子猿の名前は結局シャーロットと決まったらしい。


管轄の大分市は英国大使館にネーミングについて打診したらしいが、答えは"それは動物園の問題である。"と答えて、基本的には反対はしないと言う答えだったらしい。


まあ、そうでしょうな。

これで"シャーロットちゃん"を見に沢山のお客さんが高崎山に来てくれればそれに越したことは無い。


実は塾長の"シャーロット"の一件も落着した。

来週先ずはフロリダへ行き、翌週ノース・キャロライナのシャーロットに在るPinehurst.でゴルフをし、23日にニューヨーク経由で帰国するのだが帰りのJAL.003便のビジネス・クラスが一杯で約4ヶ月も待たされてやっと昨日、"取れました。"との連絡がJAL.から有ったのだ。

エコノミー・クラスの席は確保していたのだが、この歳に成るとやはり14時間の長旅ではビジネス・クラスでゆっくりしたい。

調べてみたら、このJAL.003便にはファースト・クラスの席が無く、ビジネス・クラスが38席、プレミアム・エコノミーが35席、そしてエコノミー・クラスの88席の構成に成っており、早々と"本物"のビジネスマンの予約が入っていたのだろう。

ほっと一息。



さてドル・円相場は今晩の4月の米国雇用統計発表を控えて静かに推移しているが、昨日のディーラー諸君との話は興味深かった。


実は兵ぞろいの諸君も苦労しており、"良く分からないFX.よりは債券の方が心配だ。"と言う。


お気付きだと思うが此処数週間で、日米独の債券価格が急落し、利回りが急上昇している。

我が国の10年物のJGB.の利回りは0.1%から0.44%へ、米国の10年債は1.9%から2.2%へと上昇し、ドイツのそれは0.1%から0.6%へと急上昇した。


ご存知の様に銀行を含む機関投資家は大量の債券を所有している。

金利が上がると言う事は価格が下がる訳で、保有している債券に対して大量の含み損が出る恐れが有るのだ。

昨日は"VAR.ショックが怖い。"などの言葉も飛び出した。

ちょっと専門的になるが、VRA.とはリスク分析の手法の一つで、現有資産の損失可能性を時価推移より測定する分析指標である。


此処では詳しい事には触れないが、各国の利回りの推移にも注意して頂きたい。


ブラック・ジョークの様であるが、こう言った事を言ったディーラーも居た。

‐雇用統計が良ければまたぞろ6月の利上げ説が出て来る。

‐長期金利が上昇する。

‐米国債券価格が下落する。

‐日独の債券価格にも影響する。

‐VAR.が心配に成る。

‐リスク資産を縮小せざるを得ない。


リスク・オフの動きが起きると、果てその結果は????



難しいですねえ。



コメント一覧

コメント2件

私も最近の債券の動きは理解しがたいです。
アメリカは数日前まで、通貨安、株安、債券安のトリプル安であったのに、パニック的な動きになりません。

個人的には、理解できないことは考えません。

そういえば、IMFが日本に追加緩和の勧告をしていました。
余計なお世話としか思えませんけどね。
しかし、この一連の動きをみると本当にバーゼル合意の改定がありますよね。

理解できない、ドル円も考えないようにします

投稿者:那須の山奥のおにいちゃん | 2015年5月 9日  14:10

那須の山奥のおにいちゃんさん、
難しいですねえ。

“何でGoddealer.を始めた途端に勝てなくなったんだろう?”と考えていて、勿論相場観を間違えている事が最大の原因なのですが、やはり普段通りにやらないで、“損をしない様に”を心掛け過ぎたのかなと思い、今週からもう少し自分の相場観を大事にしてやってみる事にしました。

円安には行かないと思っているので、円のロングは少し我慢してみます。
勿論、ストップは置いています。

投稿者:塾長 | 2015年5月12日  16:08

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン