酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

まだ、よく分からない。

ドル・円相場が124円台に乗せ、この2週間で約5円も円安になった事になる。
テクニカル分析をしている人には121円を上切った後の動きは読めるのであろうが、残念ながら塾長は未だこの上昇の理由が分からない。

この2週間で何が変わったのだろう?
株価堅調によるリスク・オン?
またぞろ話題になってきた米利上げ時期の 早期化?

それで4%もドル高&円安に成るのかなあ?


それにしても未だに菅官房長官の円安容認発言が腑に落ちない。

コメント一覧

コメント32件

ご存知とは思いますが、1990年頃の高値160円からの長期抵抗線が122円位まで走ってて、これの上抜けを海外勢が仕掛けたらしいですよ。

http://blog-imgs-71-origin.fc2.com/l/o/n/londonfx/201505262149596a7.png

また、報道で日本の個人(ミセスワタナベ)が逆張りでショートしているという報道があったので、それのショートスクイズもついでに狙ったのだと思います。実際に損切りで跳ね上がった様です。

私は2007年の高値124円は確実に付けにくるだろうと思ってましたが、次の展開はさっぱり分かりません。

投稿者:為替浪人 | 2015年5月28日  08:04

こんにちは。

やっとドル円で忙しくしてます。
まぁ英気を養って休むも相場でしたから。
(ただ今回は前回のバズーカー時より慎重に付いていきたいですね。)

塾長のポジションが身動きのとれない状態になってトレードできないでいるのは個人的に残念に思ってます。
前回と同じ事になってしまってますので、、、

塾長にはチャートをもっと勉強、活用していただきたいと思います。
そして両建ての損失のある方を切ってトレンドに乗るような形で挽回できたらなーって勝手に思ってます。(塾長はロングを外す方のタイミングを待っておられるようですが・・・)

何れにしても悔いの残らないように企画が終わるように頑張ってほしいですね。。。

投稿者:ゴッドサポーター | 2015年5月28日  12:17

塾長。少し良いですか。
昨日分のみ塾長の注文履歴を見たんですが、
塾長の意図がなにをどうしたいのか全く分からないです。
正直、本当に何も分かってない可能性はありますか?
まず、塾長はドル円は勝てないわけですよね。
なので取りあいずやらない。それでいいと思います。
でも、ドル円で勝てない人間がましてやユーロドルやその他のペアでは余計に勝てませんよ。
理由は投機的だからです。

注文履歴から察するに、なにをどうポイントにしているのか全く分からないです。
「なんかここらがレンジ上そうだからそこにショート指値をしてその他指値しとこう。」
みたいな分からないゆえの適当さが出ています。
そして、たぶん本当に分かってないと思う所があります。
ユーロドルなんか残念ながら言及にすら値しません。
デイに置ける、玉の出る場所は箇所箇所で決まっているわけですよね。それならそこでどちらかに動くと仮定してその時用のオーダーを出すべきです。
例えば塾長が考えた玉のでる位置でユーロドルが下がると思ったら、そしてショート玉が出たとしたら、20ポイントの下落じゃ済まないわけでよね?
最低でも50ポイント、下落トレンドのユーロドルならデイのその一時的な玉でもそれ以上は望める。
それなのに、損切り10、利食い20。
ようはデイに置ける重要ポイントも理解してないし、
ユーロドルの値幅も理解してないし、チャート面でも
理解してない。
完全な値ごろ感、適当感なわけですよ。

それと、オージードルの注文。
期間を当日にしているのだから、あくまでデイトレにおける考え方なわけですよね。

0.7805売り指値。何時に注文を出されたのか
分かりませんが、その時点で0.772〜0.7750だと考えて、0.7750付近であれば夜中にその指値の値段を付けたかも知れないのでまあ良いとします。
で、ストップ指値なんですが、0.7925に置いている。これの意味はなんですか?
デイ単位で150ポイント分もブチあがると考えたんですか?
仮にぶち上がったとしましょう。そうなるとチャートの形、特に15分足は上昇トレンドになりますよね。
そうなったらサポートラインは機能してしまいます。
そうなったら一旦サポートラインで反発するので。
デイにおいて利食いの指値の位置の意図が全く意味のないものになります。
それなのに、利食いの指値が0.7650とはどういう事なんですか?
一日で150〜200ポイントぶち上がって、
今度は150〜200ポイントナイアガラして、
0.7650に戻るなんていうハチャメチャな相場がデイの枠内ととらえた上で起こりうると考えたんですか?
正直、チャートの機能性、売る人がいれば買う人がいる事、相場について。本当に理解してますか?
適当にやってるとしか思えません。。。
塾長はチャートは見ないと言ってきたわけで、
見ないのも分かります。見れないんだともいます。
でも、チャートもそこまで難しく考えずにサポート/レジスタンスの平行線だけで良いと思うんです。
そしてそれを理解して、その機能性を知っていれば
今回のオージードルのようなハチャメチャなオーダーは出さないと思うんです。
「分からなければやらない」でいいですよね。
それは塾長がさんざん言って来た事です。
ドル円は負けたし、分からないからやらない。
それで良いです。
でも、デイにおけるユーロドルなんか余計に分からないと思うんですがなんで手を出すんですか?
そして、オージードル。シカゴがショート玉をこれだけ減らして一時期にロングに転じたのに、
「オージーはまだ下がると思っている」などといった
相場観を持っている人は(個人の考えだからいいんですが)、余計に分からないし、やらない方が良いと思うんですがどうでしょうか。
今まで注文履歴は見なかったのですが正直ここまでとは驚きでした。
もし良ければ、オージードルのあの注文の意図を教えたください。

投稿者:ブロック | 2015年5月28日  12:27

ゴッドサポーターさんここ相場の話する所。
人の事なんだから塾長の個人の環境ついてあまり言いふらさない方が良いです。塾長に願い出てコメの取り消しをしてもらう事をおすすめします。

投稿者:ブロック | 2015年5月28日  13:37

かなり前にもコメントしましたが、こういうことですよね。
相場アナリスト = ゴルフのティーチングプロ
相場のプロ = プロゴルファー
酒匂さんとかはティーチングプロみたいな立ち位置ですよね。
どこかに所属する対価で生きている時点で、相場のプロではないと思います。ティーチングプロは勝負で生きていくことはできないと思います。
酒匂さんに責任はなく、否定的なコメントをする皆さんは勘違いされているだけだとおもいます。

投稿者:りゅうじ | 2015年5月28日  13:37

ネットクレーマーさん達に警告しますが、

あまり調子こいて書き込んでたら、しまいに威力業務妨害罪で訴えられてもしりませんよ!

「ブログを盛り上げようとした」とか「面白半分だった」とか大人の社会じゃ通用しないからよく考えて書き込んだ方がいいよ。

投稿者:ゴッドサポーター | 2015年5月28日  14:00

りゅうじさん、

>相場アナリスト = ゴルフのティーチングプロ
>相場のプロ = プロゴルファー

これは違います。

もし、「相場のプロ」をモニターを沢山並べて
数分、数秒感覚でトレードするような労力を使う様なものであれば
歳を取れば難しくなることもありますが
今塾長がやっておられる様な事はそういうトレードではありません。


相場トレードに関しては
知識=実行可能
が際限なく近いものですのでスポーツと一緒にはできません。
(上に書いたような短時間トレードはスポーツみたいなものですが)

また、相場アナリストもティーチングプロでもなんでもありません。
ただの情報屋です。
プロスポーツで言うならスコアラーとかでしょう。

ただ、塾長の様なトレードを指南している人は
スコアラーでも何でも無く、
ただの商材屋(それも何も成果の出ない)でしょうね。

(中には成果出る人も居るんですよ。ある意味博打で1/2で勝てるわけですから。で勝ってる人が残りますしね。)

投稿者:nonnon | 2015年5月28日  15:19

>ブロック

塾長は昔からチャートのテクニカルはやらないし、それで取引はしてないそうですよ。塾長は基本的にピポッドを使って取引してるから、あなたのテクニカルと違って当たり前でしょう。

それと、あなたは新参者らしいが、ここは塾長の日記みたいな所で為替の話は3分の1くらいだ。プライベートな事も塾長自身が披露していて、ゴッドサポーターさんが勝手に暴露している訳ではない。

っつーか、お前の日本語は読みにくいし長過ぎる。3行にまとめろ。

投稿者:さっさ | 2015年5月28日  15:44

ゴッド何とかというネーミングとキャッチコピーが企画ミスだったと思います。期間があるので損益は置いといたとしても、多くの人はその手法に驚きがあったと思います。外コムのチンピラが偉そうに騒ぐではなく自業自得。

投稿者:驚いた | 2015年5月28日  15:48

擁護派の幼稚さに驚く...

投稿者:通りすがり | 2015年5月28日  16:08

塾長 おはこんばんちは です。いつも拝読させて頂いてます。
 突然ですが 質問です。今日の黒田日銀総裁の発言はどのような意図なんでしょうか。月曜日の動画ででも 少し触れていただければ ありがたいです。個人的な感想としては、もう金融緩和はしないかも とも 思われたのですが。よろしくお願いします
 

投稿者:なんでクン | 2015年5月28日  16:53

ショートするのはもう少し上まで伸びてからではないでしょうか?

塾長の現役時代である97年から98年に介入のあった辺りまではショートにしたくても辛抱ではないでしょうかね。

当時の大蔵国際金融局長が現日銀総裁ですから水準はその辺がポイントになるのではないですか?

上ばかり注目されていますが、いつも上下二方向のリスクに。必要な場合は躊躇なく何であろうがと言っておられますし、緩和もですが二方向への介入実績もあるじゃないですかあの方の場合は。

投稿者:ショーター | 2015年5月28日  16:57

塾長いつも、楽しみにブログ見ています。
擁護派、批判派、いろいろ意見が有って当然です。
しかし、
まだ、まだ、1ヶ月時間が有ります。
塾長の事だから最終的に、プラスに持っていくと思います。
期待しています。

投稿者:シュークン | 2015年5月28日  16:57

 >官房長官のコメントについて。素人の勝手な解釈。
 1)TPPの交渉途中で、相手側に、付け込まれる隙を与えたくないから。
 2)”第三の矢”を創造することができないので、観光客を増やそうとしている。
 3)消費税増税の件で、黒田さんに借りをつくったから、今、タイトな発言をすると、蔵相会議の場で、黒田さんがつっこまれてしまうから。
 4)外人に買ってもらっている株価が下がるのが嫌だから。(米国としては、ヘッジしてなかったら目減りすると思いますが)
 5)かげりが見え始めてからでないと、効果がでないから、
若い?今は機ではないとした。
 6)規模も割合大きいし、輸出産業を世界的競争の中で、もうけさせておかないと、タックスヘイブンで海外に移籍されるのを嫌った。
 7)本当に短期的なドル高と思っていて、まだ、米国に伺いをたててない。(ドルはもとに戻っても、円の枠は上にシフトしたら、戻るのに時間かかると思うけど)
 
「注視してます」とだけいえば、あとあとコントロールしやすいと思ったのですが、123円レベルのコメントだから、125円超えまでは発言できませんよね。

投稿者:koga | 2015年5月28日  17:55

塾長
こんにちは。

確か7年前もこんな感じでしたでしょうか。

塾長がアメリカの会議で若い人が「ドル円は130円を目指すだろう」と言った後に、
「全く違う、ドル円は100円を切るほどの円高になるぞ」と言ったらその場がシーンとなった、
ということがありましたよね。

あの時、塾長は円高をかたくなに主張されていました。

それから、わずかの間円安が続きましたが、
結局そこが天井でしたね。

そして、あの時も今とよく似た書き込みがあった記憶があります。

今回とほぼ同じような書き込みが増える中、
塾長が「ジッとレートを見つめている」というようなことを
言われていたのをはっきりと覚えています。

円安から円高へ潮目が変わったのはそれから間もなく
だったと記憶しています。

さて今回はどうなるのでしょうか。

相場は本当におもしろいですね。

投稿者:Jnov | 2015年5月28日  17:56

当時の事は酒勾さんがよくご存じかと思いますが95年4月19日当時では猛烈な円高であった79.75から当時では異常な猛烈な異次元介入を躊躇なくやり円高は止まったが2年後から3年後今度は円安が止まらなくなり介入しても円売りが止まらなく効かなくて98年8月11日に147.64まで行った過去と同様で歴史は繰り返されるものです

125円から円安牽制と口先介入→それでも止まらなくて130円程度で遂に介入→介入効果は一時的でしかなく→円は躊躇なく売られ150円程度までいく

こういうシナリオも十分にあるのではないでしょうか

今の日銀が行っている異常な規模の異次元緩和と当時の異常な規模の異次元介入は非常に似ていると思います

投稿者:ahh | 2015年5月28日  18:27

ここ数日の円安で潤っております~
こちらのブログを読むと大変不快ですね。
現在、完全に負けているのに負けを認めたがらない人を必死で擁護する人達って、まるで信者のよう。
しかも、現状をそのまま言っている人達を叩くなんて。
塾長のお顔が「ぬらりひょん」に見えるのは私だけでしょうか?
失礼しました。

投稿者:笑神様 | 2015年5月28日  18:31

↑普通、自分が潤ってたら負けている人見て養護しない?
たとえ負けを認めてないとしても、負けている人見て叩くなんて考えが理解できない
何か被害を受けているなら別だけど

投稿者:日本人の心 | 2015年5月28日  19:27

↑擁護するもしないも対象者の立場によるのではないでしょうか?
現状では、擁護できないと思います。
私は被害はないですが、少なくとも期待は裏切られました。

ご本人の立場に立った、ルールにのっとったトレードをされること希望します。
今後のトレードに期待します。

投稿者:よよ | 2015年5月28日  20:33

簡単にではありますが、ドル円に限って塾長のトレードを検討してみました。
塾長と私とではトレード手法が違いますので、ここの買い、または売りが良かった、悪かったという話はしません。
私が注目したのはLot数です。
金額ベースではなく、変化率ベース((決済価格 / 約定価格) - 1。プラス決済なら符号はプラス、逆もまたしかり)で計算してみました。
「資産推移」のグラフを見た限りでは大きなドローダウンが出るまでは横ばいなのかなと思っていましたが、ドル円に限って変化率ベースで見ると、意外と右肩上がりでした。
5月13日がピークで利益は2.48%。
塾長がよくおっしゃる年率20%のペースでした。
しかし、ここから大きなドローダウンが始まり、現時点で-2.20%となっています。
ですが、これくらいなら取り返せるレベルですよね。
ところが「資産推移」のグラフを見ると、他の通貨ペアも含めた数字ですが、-17.20%となっています。
やはりレバレッジが高すぎたのではないかと思います。
しかも変化率ベースでも大きなドローダウンが起きたときにLot数を10から40に増やしたのもどうだったかと思います。
では、どのくらいのレバレッジだったらよかったのか。
指標の1つとしてよく使われるハーフケリーで調べてみました。
調べる前の予想ではドローダウン前でもかなり低いのではないかと思っていたのでしたが、予想外に高い数値でした。
変化率ベースでピークだった5月13日ではレバレッジ51倍となっています。
しかし、ドローダウンを経た現在では-15倍となっています。
レバレッジがマイナスとはどういうことかというと、トレードすれば損をするということですね。
変化率ベースでマイナスの現時点ではそういうことになります。
それにしても、わずか2週間でこれほど激変するというのはサンプルとしてのトレード数がまだまだ少ないからですね。
5月13日時点で32トレード、現時点で42トレードです。
結局のところ、ハーフケリーで最適のレバレッジを求めるにはもっとサンプルが必要なので、今のところはこれくらいがよかったとは言えません。
ただ、これまでに最大で-1.60%の負けトレードがあります(5月20日。現在、両建てにはなっていますが、未決済のポジションは更に大きいマイナス)。
経験則なのか、よく資金の2%に抑えるのがよいという見解を見かけますが、それに基づくなら、レバレッジは1倍程度、Lot数なら4Lot程度に抑えるべきだったのでしょう。
勝ち負けは相手が市場なので、仕方のない面もありますが、レバレッジはトレーダー自身が管理できることですから、やはり、この辺りの批判は免れないのではないかなと思います。
長文失礼。

投稿者:松 | 2015年5月28日  21:35

50万円という資金量がまず問題ではないのかな?って思いますよね。
レバ1倍で4~5000通貨で取引なんて塾長の感覚からしたら低すぎますって!

そりゃあー
負ければチンタラ4~5000通貨打つより感覚的に4~5万通貨くらい意図も簡単に張っちゃいますよ。
塾長のようなビジネス、ファーストクラスで旅行するような感覚の持ち主には資金が小さ過ぎたって事だと思う。最低でも500万とか1000万位の資金で4~5万通貨建てれば資金管理については批判されなかったんではないのかな?

投稿者:デイトレーダー | 2015年5月28日  22:25

思う事は
どれだけリスクを抑えようが
結局の所、半丁博打
ただその博打でも
自分のトレードをブラッシュアップして
勝率を上げていく物なんじゃないでしょうか。
リスクリスクと言いますが
年間20%取れる手法があるならば
そのレバを倍に上げると40%
塾長
どうせやるなら
前向きに行きましょうよ。
もちろん休むも相場
結果どうあれ
私は
ずっと応援しています。


投稿者:ケイタ | 2015年5月29日  00:01

少し補足。

リスク管理が大事なのは勝てる手法でも資金を失うことがありえるからです。
例えば塾長の場合、ケリー基準的な考えに基づけば、今後、勝ちまくってプラスになってもレバレッジは最大で62.5倍までです。
-1.60%の負けがありますから、62.5倍のレバレッジでは1度の負けで全資金を失います。
もっとも、今は25倍までという規制がありますが。

ただ、資金を失わないようにトレードすることが利益を最大化することになるかについては議論があります。
全額失っても構わない金額で高レバレッジでトレードするという考え方もあります。
例えば塾長が500万円の投資資金があって、そのうち50万円くらいなら全額なくなっても構わない、という考えでやってらっしゃるのであれば、これまでのトレードが無謀だとは一概に言えません。
ただ、多くの人は塾長がいかに資金を失わずに利益を上げるかに期待していたでしょうし、私もそのつもりで見ていました。

投稿者:松 | 2015年5月29日  00:38

 塾長氏、そして、皆様、時々此方のコメントを参考にさせていただいています。

 さて、今回は塾長氏を始とするトレードを検証する方法を1つ書いてみたいと思います。
 タイムラインチャートを縦軸に時間、横軸にレートを取ってでトレードの開始/終了を横線で描いていくものですが、それと平行して、トレード開始以後の高値/安値を横線で描きます。又、指標発表等があれば、縦軸方向に発表以後の高値/安値を同様に横線で描き、指標内容をその横線の上下に書きます。
 タイムラインチャートをこのように描けば、トレードの妥当性とトレンドチェックが可能です。理想的なトレードとはトレードの開始/終了とトレード開始以後の高値/安値が一致する事ですが、タイムラインチャートを書起こすだけでかなり時間がかかる上に理想的なトレードは殆ど出来ていないので、トレード検証は余り意味がないと考えています。

 又、塾長氏同様、私もチャートは全く見ませんが、実際のトレードに取って必要なのはチャート分析ではなく、相場が正確に読める事なのは言うまでも有りません。
 尤、之以上は書きませんが、最近、チャート分析ばかり遣っていて指標確認/景況感確認を怠っている人が目立つ様な気がするのは私だけでしょうか。

 最後に表題上から、塾長氏は皆様方の意見を求めてられていると推察したので、私個人の5月29日時点での円/ドル予想をします。
 現在のレンジは 123.2 ~ 124.8 であり、124.4 を安定的に上抜ければ上昇トレンド継続、123.6 を安定的に下抜ければ下落トレンド転換と考えています。

投稿者:中将 | 2015年5月29日  01:26

でもね松さん
貴方が他の輩ではないから
言わしていただくと
資金が500万だろうが
50万だろうが
50万負ける覚悟は一緒だと思うんです。
連敗しても大丈夫なトレードを
行えばレバレッジは関係ないんじゃ
ないのでしょうか。
例えばレバ1で想定外の損をした場合
レバ1で戻すのは難しい。


投稿者:ケイタ | 2015年5月29日  01:40

ナンカ、ここってレベル低い。
正統派の人達が何だか悪者にされてるね。
まともなこと言ってるのに可哀想。
私も、野村雅道先生の所へ行こう♪
この先生は言い訳しないから好き。
さいならっ。

投稿者:笑神様 | 2015年5月29日  01:57

私は、塾長が好きですが、
言っていることと、やっていることが違う今回は、
塾長を擁護出来ません。

例え、あと1か月で挽回しても、
見本になるトレードには、なりません。

私は、投資スクールに入っていますが、
FXで、こんなに人生勉強が出来るとは、
思っていませんでした。

投稿者:manbee | 2015年5月29日  03:12

ちょっと私の書き方がよくなかったように思うので、もう一度。

ケリー基準を説明したグラフを見ていただくと分かると思いますが、利益の期待値がプラスを見込めるギャンブルでは賭け金を増やすほど利益が増えていきます。
しかし、賭け金がある水準(オプティマル f)を超えるとかえって利益が減ります。

増やせば増やすほど、利益は減り、ついにはプラスが見込めるギャンブルなのに損するようになります。
そして最後には(例えば前のコメントで書いたレバレッジ62.5倍の水準)全資金を失います。

オプティマル fは最後の水準よりずっと低いので、全資金を失わないように、などと考えなくても、利益の最大化を求めている限り、自然と全資金を失わないような行動になります。
利益を最大化させるために全資金を失うような博打を打つ必要はないのです。

ただ、想定外の損失が起こりうる相場の世界では過去の最大損失を超える損失を将来に蒙らない保証はありません。
むしろ、それが普通でしょう。
その場合、利益を最大化させる、あるべきオプティマル fは過去の成績によって求めたオプティマル fよりずっと小さいものになるはずです。
レバレッジをオプティマル fの半分にする、ハーフケリーという考え方もそこから出てきます。

大きく勝つにはレバレッジを大きくするしかないと直感的には思いますが、大きく勝つにはむしろレバレッジを適度に小さくする必要があります。
まあ、長い目で見れば、ですけどね。
理屈はこの辺にしておきます。

さて、もしレバレッジ1倍でトレードするとします。
企画終了時点でマイナス収支になるのはほぼ間違いないですね。
しかし、今後も負けが続いたとしてもたかが知れています。
レバレッジを目一杯使えば50%近い確率でプラス決済できるでしょう。
しかし、逆に資金が半分にまで減ることだってありえます。
どちらがいいのでしょうか?
私は前者ですね。
後者なら塾長でなくても、そこら辺のアホなFXギャンブラーにやらせたっていいわけですし、コインの裏表でも十分です。
私は例えマイナス収支で終わっても、今が底でこれからコツコツ損失を減らしていくのを見られれば十分です。
マイナス収支で終われば喚き立てる連中が出てくるでしょうが、そういう連中はどう転んだって難癖を付けずにはいられない病人なので、放っておけばいいと思います。
またまた長文失礼。

投稿者:松 | 2015年5月29日  03:51

なぜ、長文で投稿できる方がいるのでしょうか?

せっかくの投稿が長文過ぎて、何回か認証エラーでボツとなってしまいました。

投稿者:test | 2015年5月29日  07:01

ゴッドサポーターさんの28日13:08のコメントには塾長ファンの私もドン引きしました。
相場と離れた観点からのコメントは止めてください。

ブロックさん、それだけ自分の相場観に自信があるなら、塾長が119円台Sポジを持った時に「そのポジはあり得ない」とコメントされたら良かったのにね。
結果論からの他人批判など誰だってできます。

投稿者:苺パフェ | 2015年5月29日  07:28

>苺パフェさん

119うんぬんについて。解説ですから長くなりますよ。誤字脱字や文の構成テキトーです。
私はアベ相場が始まって以来、124.15のスタンスは変えませんでした。全世界がそうだと思います。
なぜなら、テクニカル目標だからです。
振り返るのもめんどくさいんでおおざっぱにですが去年の12月くらいに122くらい付けた時に、1月後半にその目標つけて終わりだろうと思ってました。で数ヶ月に渡りレンジになり見事に外れました。
アメリカ利上げも現実味が増してきました。
別に興味は無いのですがその時で1ヶ月もやっていてこの企画は5月の15日くらいから見始めました。
で、この企画が始まってから依然からもこのブログも時々は見てましたし内容から塾長レベルだと勝てないだろうなとは分かってました。
それどころかスタンス的にセミナー屋は銀行/証券出の連中の逃げ場だと思っていたので、
(なぜかというと、ミゼニで相場やって食えるならわざわざ人に教えようと思わないからです。)
アフィブログにしろその他の同業者にしろみな同じ。
まあ良いとして。早く沙汰されないかなとも思っていたのが正直な所ですね。言い過ぎました。
でですね。
ようは2月から日足レンジだったわけですよね。
で、塾長はさんざん言って来たにも関わらずレンジ下限なのに自制心なくショートで始めた。
この時にリスクリバーサルが急上昇し始めたんですよね。その時に私はついに122をブレイクするのかと
ワクワクしました。
で、結果的にブレイク。塾長が負けまくりだしてこの企画は盛り上がりを見せてきました。
で、私もずうずうしくもテキトーな事を言い出そうと決めたんですよ。
名前は違いますが過去の別記事の投稿で「リスクリバーサル急上昇ですよ(笑)大丈夫ですか」みたいな投稿があるはずです。それ私です。
誰しも見ている所を見ていれば予感は出来るんですよ。その事実があるんだから意固地にはならずに済む。そんな感じです。
「そのポジはあり得ない」とコメントされたら良かったのにね。では今からそう言うスタンスで物を言います。

昨日の塾長のドル円のオーダー。はあり得ません。
もうそれ以外は見ていて適当に近いので言及しません。
「それはストップを入れては刈られの繰り返しで絶対に勝てないオーダーです。」
なぜなら、ドル円は日足レベルのレンジとして約500ポイントの値幅を見るべきです。
118ー122のレンジをやってきて、レンジ移行したら、正確なテクニカルは取りあいず抜きにして、
122−126か7程度のレンジに移行します。
ですから、そこに行くまで日足レベルで逆張りしていると、ショートは刈られ放題になります。

昨日の塾長のオーダー。
まず日足逆張りという考えに固執している時点で間違い。なぜ上がる確率が高い方いのにそれにあえて挑むのか不思議です。
昨日の彼のオーダーは、124.75でショート、
ストップ125.30、利食い122.90。
これも意味が分かりません。トンチンカンすぎますよね。
まず、目先の高値が124.40付近であるのに、当然そこをブレイクすれば50ポイント程度のレンジ移行になるのは分かりきっています。
そうなれば、125にオプションバリアがあるのは当然な訳ですから、124.40ブレイク後に値幅的にも都合良く124.95のガンマかデルタかそんなもん知りませんがそれが出てくるのは分かりきってるわけですよね。という事はどこをどう見れば124.75の数字が出てくるのか知りませんが、その指値は中途半端すぎる位置ですよね。
それなら124.40ショート、ストップ10でいいじゃないですかね。
それか、124.95ショートストップ125.05か10でいいじゃないですかね。
たぶんですが彼はオプションの位置関係とかも全く意識してないともおもいます。
だから124.75でショートして、125.30で損切るなどといったトンチンカンな発想になるんだと思いますよ。
オカシイですよね。ドル円の通常営業と同じくらいの値幅まで損切りしないんですから。
で、利食いの指値もオカシイ。
122.90て。。。そんな都合良く急落しますかね。
124.75でショートして122.90きますか?
正直そんな乱高下こないっすよ。それなら30ポイントを5回とるようなオーダー出した方が回転も良い。
損切りと利食いを2対1にしたいと行けないからみたいな文字通りの教科書を見せない行けないみたいな感じで、ストップを40ポイント程度にしてるもんだからただの対比として利食いをそれ以上にみたいなもうなんも分かってない感が満載なんですよね。
まずこの地合でスケベショート取る方が間違ってるんですから。

で、今日ですがこういうの出しといてください。
なんか抜けそうですが123.50でロング、スト10ポイント。利食い20ポイント〜。
抜けたら、123ロング。移動平均もあるでしょ。
通常営業ならそんなもんじゃないですか。

いくらなでも事故は余地できませんからね?
事故用に122.5、想定レンジ下限122でも
テキトーに指値しとけばいいんじゃないでしょうか。
言ったらドル円なんか方向性に素直に従うが絶対条件でテキトーに50ポイント刻みでやってれば誰でも勝てます。

で、これだけ言ってるのにショート入れて損切りしたいあなたのためにショート用も教えます。
124.45売り、スト10ポイント。上は抜ける率高いですよ。で、124.95ショート、スト10ポイント。そんなにショートしたいならバリアブレイク125.15〜20売り。通常営業ならこんな値幅だと思いますよ。もしそこまで到達したらクローズ前には124.90とかで引けるんじゃないですか。
どうでもいいですが。

ただレンジ上限を作りに行ってるので上は青天井なのは頭に入れないとまず負けます。
一番やっちゃいけないのは、流れに逆らう事です。
そりゃいつか下がって戻ってきますよ。
下げの方が早いんですから。
でもそのいつかの為に1ヶ月単位でウダウダいうんですか?それは非効率です。

デイトレ的にはこんな感じです。
塾長と同じ事いいまずがそのポイントに来たらやれんばいいんです。こなきゃやらない。
今日のドル円のチャートポイントはこんな感じでしょう。で、事故で朝起きたら122円ブレイクだましのダマしで一時118.50で朝122もみあいとかは事故ですからね。それは余地できないのであしからず。

投稿者:ブロック | 2015年5月29日  13:08

なんでクンさん、
返事が遅れました、申し訳有りません。
二日間、東京を離れておりまして早朝以外はインターネットにアクセス出来ませんでした。

黒田さん、困っていらっしゃると思います。

2%のインフレ・ターゲット達成の為には何でもするぞ、と仰りながらその言動(更なる金融緩和を躊躇しない。)、そしてその結果円安に成るかも知れない事には元財務官としては忸怩たるものを感じていらっしゃるのではないかと推測します。

個人的な意見とお断りしますが、日米金融当局は120円以上の円安は政治的に、“困るなあ。”と思っていると思います。

とは言え、相場は相場。
買いたい人が多ければ相場は上がるし、当局の意向は全く関係有りません。

この2週間の値動きを見ると円安が行き過ぎだとは思いますが、トレンドはトレンドですよね。

先程、124.90に置いておいた売りオーダーをキャンセルしました。
保険の為に122.65の逆指値の売りオーダーを入れております。

投稿者:塾長 | 2015年5月29日  21:33

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン