酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

嵐の前の静けさ。

外為市場は今日のFOMC.とイェレンFRB.議長の記者会見の中身を見極めたいと言う訳で、全く同意無し。

嵐の前の静けさの様である。

大幅な通貨安&ドル高の動きの後であるが為に、中身次第によってはこのドル高進行が一休みするのか否かが焦点と成っている。

大方の予想通りFOMC.の声明文から"patient.=忍耐強く"の文言が削除されるのか?

その場合は早期利上げを期待してドル高は止まらないかな?

慎重なイェレン議長が利上げの影響によるアメリカ経済や、またドル高によるアメリカ製造業者に対する懸念を表明したりするのか?

その場合は大きく溜まっているドル・ロング=他通貨ショートのポジションの巻き戻しが起きるのか?

10年ぶりのアメリカでの利上げ前とあって、かつて無いほど今回のFOMC.に対する注目度は高まっているが、果たして明日の今頃の相場はどうなっているのだろう?

楽しみではありますな?

コメント一覧

コメント1件

非常に楽しみですが、心臓には悪過ぎです。 1番ティーを最初に打つような緊張感!? 

株の暴落を誘うような言葉はないとは思うんですが、アルゴリズムがどう言語を解釈するかでかなり相場は動きそうですね。

北米からの輸入ばかりなので、ドル円だけ歪に円安なので参っています。変にリスクを取れないので、今日値決めする人も多いです。  
 

投稿者:にわか | 2015年3月18日  14:28

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン