酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

行って来い。

金曜日のお昼頃のドル・円相場は119.90。 昨日1日中見続けた相場で、この間に高値120.24,そして安値119.35を付けた後とは思えない静けさだ。 ECB理事会後のドラギ総裁の発言で、追加金融緩和を強く示唆したものの、時期については明確にしなかった為にユーロと円が買い戻されて、ドル・円相場は高値を付けた後急落した。 試し売りの119.90のショートは120.10で切られ、ロングに戻そうとした120.10の買いも119.90で切らされて、往復40銭取られたがこれはリスク取得料と心得、別に腹は立たない。 当面ドル・円の頭は重く、また底も固い事を認識されられた格好となった。 さあ今晩は注目の11月の米国雇用統計の発表が有る。 先日も述べたが、ドル・円が上昇する過程において1〜2円の下への調整が何時有っても不思議ではない。 下がったところを丁寧に拾って行きたい。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン