酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

直言・直筆。

昨日は”多少下への調整が有るかな?”と思う意見をGI24.の直言・直筆に書き込んだが、113.86までのトライで終わってしまった。
昨日のニューヨーク・債券市場では債券が売られ、長期金利が軒並み上昇した。
これではドル・円は上がる。

ふーむ。

丁寧にやりましょう!

 


“黒田バズーカの余韻。”                 10.11.2014.


- FRB.によるQE3の終了。
- 日銀による追加金融緩和の決定。
- GPIF.による公的年金運用方針の変更。
により円安が大きく進んだが、先週もその動きは止まる気配は無く、先週は高値115.54までドル高&円安が進行した。
特に日銀による追加金融緩和の決定は市場の予想外の出来事であり、“黒田バズーカ”と呼ばれた2013年の果敢な金融緩和政策の決定に次ぎ、今回の緩和は“黒田バズーカ第二弾”との評価を受けることとなった。

ドル・円相場はこの2週間で108.23から115円台のミドルまで7円以上も上昇する結果となり、先週も黒田バズーカの余韻が強く残った1週間であったと言えようか?

流石にこのスピードでの115円台へのドルの上昇への抵抗は大きく、先週の木曜日には115.52、そして金曜日には115.54で頭を打ち、週明けの東京市場では114円台のLow.まで反落することとなった。

トレンドとしてのドル高&円安のシナリオは依然として描き易いとも言えるが、
- ドルの上昇スピードが極めて速過ぎる。
- 11月10日付のロイター・サーベイによるとサーベイ参加者の66.85%が11月末のドル・円の相場予想を115円以上と見ており、明らかに市場参加者のセンチメントが偏っている。
- 減ったとは言え、我が国の個人投資家のドルの買い持ち=円の売り持ちと、シカゴ・IMM.の円の売り持ち=ドルの買い持ちポジションは存在している。
などの現状を見ると、需給環境から見て短期的なドル安&円高方向への調整が有っても不思議ではあるまい。

コメント一覧

コメント2件

NZドルが90円を超えてきましたね。
これでNZの物価を計算するととんでもないことになります。
ガソリンはここ一ヶ月でだいぶ下がりましたが、それでもリッター185円です。一ヶ月前だと200円オーバーです。
こんな円安だとこの国を訪れる日本人がどんどん減っていますがさらに減りそうです。
ただドルに対してはかなり下がっているので日本人だけ高く感じるだけで他の国には大して影響ないしょう。

この円安じゃ塾長のワイン輸入も値上げしないと大変そうですね。
日本の輸入インフレによる物価上昇は健全じゃ無い気がします。NZの物価上昇は賃金、特に最低賃金の上昇がかなり影響与えてます。

投稿者:真逆 | 2014年11月12日  04:24

真逆さん、
対円でのNZD.高に参っています。
Escarpment.はそう安くはないので、おいそれとは円安分を価格に転嫁出来ません。

もう少ししたらニュージーランドにEscarpment.を仕入れに行って参ります。

投稿者:塾長 | 2014年11月14日  13:54

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン