酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

株価上昇。=円下落。

ここ数日、日米中央銀行の金融政策の行方への期待の剥がれ、地政学的リスクの増大、そして何と言っても株価下落によるリスク・オフ・オペレーションによる“円を売りたくない。”雰囲気が漂っていたが、今日は日経平均株価がどーんと420円も上げて、満を持しての円売りが出たかな?

個人投資家の買い持ち残高は歴史的なハイ・レベルに達しているので、レベル感でドカーンとドル買い&円売りが出る雰囲気ではない。

何度も言ってきている様に今は101~104円のレンジと心得る。
101円台では売らずにストップを入れて買い、103円台では買わずにストップを入れて売っていればいいのではないのかなあ?
上げサイドのスピードは鈍いので慎重に(余り欲張らない。)、下げサイドのスピードは速いので(多少余裕を持ってもいい。)臨機応変にやりましょう。

でも何れ、必ずこのレンジはどちらかに切れる事は保証する。

そしてその時は、相場が上がったら追っ掛けて買い、下がったら追っ掛けて売る。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン