野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

「米国は貿易不均衡でファンドマネージャーが大儲け」

「米国は貿易不均衡でファンドマネージャーが大儲け」

*戦後の米国は貿易赤字であり未だ解消できない。
 それゆえにドル安、金利上昇(世界で相対的に)が続く。ドル安ゆえに株も上がりやすい(ただ株価は米国の自由度、知的優秀さもは反映)。

 ・ある程度、金利が高いだけに必要最小限の利益は得られる
 ・海外投資をすればドル安で利益が増加
 ・株価もたまに起こるバブルからの調整で下げるが長期的に強いのはドル安も影響している
 ・デフレ時代でドル安は大きなハンディではない

*一方日本は貿易黒字ゆえにほぼ米国の逆の減少が起きる

 日本のファンドマネージャーは円高マイナス金利で苦境
 日銀の株買い支えという公的支援が救い

 米国は常に日本のバブル時代のような貿易赤字を保ちドル安を維持して成長を遂げている。ドル安の恩恵は大きい。ドル安、国内金利が高いならば、どんな人がファンドマネージャーになっても上手くいくのが米国だ。ファンドマネージャーが成功するならば国民の生活も豊かとなる。

 米国は貿易不均衡を是正しようとしているが、それは豊かさをなくすことである。変動相場制やプラザ以降の米国の成長はドル安がもたらしたものである。トランプ氏が貧しくなる経済実験をやりたいならやればいい。ただ米国はドル高で苦しんでも日本のような雑巾を絞るような節約はできないだろう。そういう国民性はない。すぐに実験は終わる。


*そもそも貿易赤字は悪なのか。貿易赤字でも米国は日本より豊かだ。同じく赤字の英国も貧しい国ではない。その国にしかるべき収入があればまったく問題ない。日本で言えば東京都は他の都道府県に対し貿易赤字だろうが、東京都は豊かである。お金持ちのAさんは近所のコンビニで商品を買う。いわゆるAさんは貿易赤字となるが、Aさんはそれぞれのコンビニ経営者より豊かかもしれない。Aさんや東京都の場合は為替問題はない。米国と日本は為替が起きるが、米国の赤字、日本の黒字でドル安円高が戦後進んだ。それで米国が日本より貧しくなったわけではない。米国の株価は上昇し成長率も高い。通貨安ならインフレを心配するが、世界中でデフレを心配しインフレを望んでいる時代。世界中で効率化や値引き競争をしてデフレを招いている時代。日本が通貨安で豊かになったのは、バブル時代と、東日本大地震後だ。バブル時代は貿易黒字が減少、東日本大震災後は貿易赤字となった。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン