野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

各市場での相場への反応の違い

横浜馬車道為替⑰、各市場での相場への反応の違い」2016年9月8日(木)
 ニュースへの各市場での反応の違いはやはり貿易取引の自国通貨建て比率と国民性が影響しているのであろう。
日本は自国通貨建て比率が輸出40%、輸入20%、米国は90%、75%、ドイツは70%、50%である。
東京ではニュースで相場が動き出しても輸出入の実需で抑えられる。さらにそれが当面の新値に近づけば保守的な日本人は叩かない。輸出ではドルの新安値を輸入ではドルの新高値を叩かない。戻りを待つのが日本人だ。叩くのは企業より若干だけ進取の精神のある銀行のディーラーだがこれも臆病ですぐに損切ってしまう。
かたやニューヨークでは自国通貨で商売が出来るので実需業者は為替市場に参加しない。ニューヨークでの参加者は投機筋、小鬼だけだ。また進取の精神が旺盛なので新値を叩くのが好きだ。よって相場はニュース通り進む。自分の好みの市場、合った市場を見つけ出して取引時間帯を決めたい。退屈が好きな人はロンドン市場が良いだろう。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン