野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

いつも 同じような記事を書いていると思う トルコの場合

*トルコリラ「下げ止まる、副首相留任好感」 2016年5月29日
ダウトール首相辞任はユルドゥルム運輸海事通信相が後任首相となったことで下げ止まった。まだ元の38-39円台には戻さないが、市場からの信頼が
厚いシムシェキ副首相の留任が決まったことは好感された。ただ副首相は引き続き財務省と中央銀行を管轄するものの、銀行規制や資本市場の管轄はエルドアン大統領に近い大臣が担当することが明らかになった。 クルド族過激派との内乱、ISとの戦い、ロシア機撃墜による経済制裁、政府系メディアへの抑圧など不安材料は多い。政策金利は予想通り、1週間物レポレートを7.50%に据え置き、翌日物借入金利を7.25%に据え置き、 翌日物貸出金利は10.00%から9.50%に引き下げられた。エルドアン大統領の利下げ要求は少しずつ受け入れられている。エルドアン大統領は抵抗勢力であるクルド系政党を狙い撃ちにしたとみられる議員不逮捕特権剥奪を狙っているが、これがま治安悪化につながる可能性はある。今週はCPIの発表がある。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン