野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

西郷どんFX ちぇすと

*「西郷どんFX、1ポンド2.4円、1ドル0.48円の大円高時代」

nama1.JPG

 7月1日放送の「西郷どん」は「生麦事件」から「薩英戦争」のお話だそうだ。

「生麦事件」がなければ私は今は山下公園にいなかったかもしれない。当時の各国の領事館は東神奈川の各寺院に置かれていた(今も名残がある)が
「生麦事件」以降は外国人は東海道を避け、山下町、山手に領事館を移転した。「生麦事件」がなければ、栄えたのは「東神奈川」であり、今の山下、山手はなかったかもしれない。

さて、英国は「生麦事件」での英国人殺害の賠償を幕府と薩摩に要求した。幕府へは10万ポンド(=50万ドル、24万両)薩摩へは2万5千ポンド(=12万5千ドル、6万両)

換算すれば1ポンド=5ドル、1ドル=0.48円(すなわち1ポンド=2.4円)が当時の為替レートであった。ただ幕府は賠償金を支払ったが、薩摩は幕府から賠償金用として資金を受け取ったが
英国に支払わなかったようだ。

「今日もちぇすと」


nama2.JPG


nama7.JPG

nama3.JPG


nama4.JPG

nama5.JPG


FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン