野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

日本の参加者 輸出業者その1

「市場参加者の横顔、円相場に重要なのは日本の参加者」

*円相場を動かすのは日本の参加者である。未だに続く舶来崇拝の思想でヘッジファンドの動きを囃したてる報道もあるが
実際の市場ではヘッジファンドは、不動産投資やM&A以外では個人投資家のように売ったら買う、買ったら売るで需給に影響を与えない。過大評価されている。

為替市場は一人で戦っているものではない。相手がいる。多くの参加者がいる。独りよがりでやっていても、もっと上手の、取引金額も大きい参加者がいることが自分の思うように為替相場が動かない要因の一つかもしれない。他の参加者がいつ、どこの市場で、どれくらいの金額で投資期間はどれくらいかを正確に把握することは難しいが、ある程度それぞれの参加者の投資動向のクセを掴むことは可能だ。例えば輸入業者がこぞってドルを買いやすい時間帯にみすみすドルを売り向うことは避けたい。また大口投資家がどのような発想でどの国へ投資するかは、公表されていることも多いが案外知られていない。輸出、輸入業者などの経常取引に関わる参加者、生保、損保、投信、郵貯、簡保などの大口機関投資家などの資本取引に関わる参加者、日銀、さらに98年からより積極的に為替市場に参加出来ることとなった個人投資家まで、参加者の投資動向、その横顔について知ることは、言葉は悪いかもしれないが「敵を知り己を知らば百戦危うからず」で取引の効率化、収益力改善に繋がるのではないだろうか。

①「市場参加者の横顔=輸出業者その1」  

 輸出業者はもちろん海外へモノを売り、その代金を受け取る。取引通貨はドル、ユーロ、円など様々だ。日本の輸出業者が為替リスクを負わない円建ての比率はだいたい全輸出額の40%程度だろう。ただ貿易取引の通貨が何であっても、どこかで為替取引が起きる。ドル建てなら日本の業者がドルを受け取って円に換える。円建てなら、海外の輸入業者が市場で円買いドル売りをして日本の輸出業者に送金してくる。

 通貨が何であれ原則日本か相手国で円買い外貨売りが起きる。日本の業者は受領代金を国内支払いに使う。ただ例外としては、キャッシュリッチな輸出業者は受け取った外貨をそのまま外貨で保有する場合もある。輸入代金の支払いに使ったり、そのまま外貨で高利回りを得る運用をするので為替取引が起きない場合もある。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン