野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

ID為替おさらい22「センチメントと注文状況は異なる」

ID為替おさらい22「センチメントと注文状況は異なる」

 センチメントがドル売りでも、実際のポジションドル売りになっているか、なっていないかはわかりにくい。注文状況はそのヒントとなる。まだドル売りのポジションが多くない時には損切りの買いが少ない。もう誰もがドル売りを持っている時は損切りの買いが増え、相場は上昇してしまう。ドル買いの時も同じである。センチメントと実際の注文を常に見比べたい。 



FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン