野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

伊豆は本州にあらず、元は南洋海底火山、本州に衝突し今も北進中

「伊豆は本州にあらず、元は南洋海底火山、本州に衝突し今も北進中」

*川端康成の「伊豆は南国の模型」の言葉は、本州と特徴の異なる伊豆の風光や植生の特徴を比喩したものであったが比喩ではなく伊豆の大地のルーツが「南国産」であることが明らかになっている。

 伊豆半島は本州では見られないフィリピン海プレートの北端。2000万年前は本州から数百キロ離れた海底火山群、200万年前から本州へ移動衝突し始める。
伊豆の大地の大部分はかつて海底にあった多数の火山の噴出物。伊豆のもつ自然の造形のひとつひとつが火山活動や地殻変動によってもたらされた。地形・風景を判読できれば自然のリスクとベネフィットを理解できるようになる。(小山真人、伊豆の大地の物語、静岡新聞社より)

 今年、伊豆半島はユネスコの世界ジオパーク候補地となった。何気なく、美しい、豪快。険しい、不思議だと思っていた伊豆の風景や植生、魚をもう一度ルーツを思い浮かべながら散策したい。恵比須島、竜宮窟、室岩洞、入間千畳敷、堂ヶ島、天城、細野高原、大室山、城ケ崎、一碧湖、七滝、温泉、金山、浄蓮の滝、八丁池、達磨山、その他、火山活動でできた興味深い風景は多い。

 伊豆半島をのせたフィリピン海プレートは現在も本州に対して年間数センチメートル移動している。100万年たてば数十キロメートル移動することとなる。
伊豆半島の土台がつくられたのは約4000万年前なのでその頃の伊豆は千キロメートル以上の南の、現在の硫黄島の場所にあったこととなそうだ。

 伊豆半島はかつては南洋に浮かぶ火山島であり、本州に衝突して半島の形になったのが六十万年ほどの前の出来事ということである。

*久々に面白い本を読ましていただいた。伊豆に来るのがより楽しみになった。思わぬ場所が火山活動と関係している。

*写真 上のは奥石廊

*竜宮窟
geo14.JPG

*大室山は火山

geo15.JPG

*すすきの細野高原も火山帯
geo21.JPG

*伊浜、火山が隆起した半島なので平地は狭いgeo22.JPG
*深海にすむタカアシ蟹

geo17.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン