野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

ID為替おさらい18、21世紀の円相場は、もはや戦後ではない 薩英戦争からのドル円相場は

「21世紀の円相場は、もはや戦後ではない」 2014年6月の投稿です

*それは2000年からのクロス円の上昇に始まった

*最近でこそ、ドル円の円安が騒がれているが、21世紀になった頃からクロス円中心の円安が進んでいた。
 円安については2000年ごろ、「3C」(CHINA、COMPUTER、CHILDLESS」で日本は劣化するとして21世紀の円安相場を予想していた。

*たまに「リーマンショック」という肝試し、また「ギリシャ」、「上海」、「ドバイ」、「キプロス」など小さなかつ過剰報道のショックでの円高はあったが、概ね円安推移している。一番大きな要因は中国の台頭による日本の劣化、ユーロ台頭による米国の劣化である。すなわち円安ドル安である。

*金融ビッグバンも有効であったが、最近はそれが忘れられ、昨日は「金融取引税」課すなどの本末転倒な報道まであったのは懸念事項である。製造業、農業が弱くなった日本が金融を捨ててどうする。

*戦後というか1971年のニクソンショック以降、円相場は円高の道を歩んできた。それはプラザ合意で加速された。 1995年に一旦 円高阻止の政策がとられたが、貿易黒字が一向に減らず、円高是正はならなかった。

*2000年ごろから、円安是正は海外から始まった。中国の市場参入で、日本の貿易黒字が減少し始めた。金融ビッグバンでの個人投資家の海外投資も円安を促進した。ドル以外の高金利通貨中心の投資であり、クロス円が上昇し始めた。ドルは貿易で使われる比率が高いためにドル円の上昇は遅れたが、2011年からの貿易赤字への転換でドル円も円安推移となった。民主党の円高政策、アベノミクスは為替のトレンドをつくるものではない。

*注(小局面での季節的円高、円安はあるがたいしたことはない。新年度の円高、真夏の円高、晩秋の円安など)

以下は戦後の為替相場推移を ニクソンショック、プラザ合意、ビッグバンなどのポイントから取り上げた(もっとも日本開国当時から見れば大円安でもあるが)

①ニクソンショックより現在=円高

1971年から 1971年1月 2014 年  
現在まで   6月25日 変化率%
ドル円 360.00 101.84 -258.16 -71.71
ユーロ円 193.25 138.81 -54.44 -28.17
ポンド円 861.77 172.94 -688.83 -79.93
カナダ円 363.92 94.97 -268.95 -73.90
豪ドル円 400.57 95.74 -304.83 -76.10
NZドル円 400.97 88.92 -312.05 -77.82
スイス円 83.77 114.06 30.29 36.16
ランド円 500.83 9.62 -491.21 -98.08




②プラザ合意から現在=円高  

 

プラザ前から 1985年 2014 年    
現在 1月始め値 6月25日 変化率%
ドル円 251.8 101.84 -149.96 -59.56
ユーロ円 155.72 138.81 -16.91 -10.86
ポンド円 289.7 172.94 -116.76 -40.30
カナダ円 190.63 94.97 -95.66 -50.18
豪ドル円 205.19 95.74 -109.45 -53.34
NZドル円 119 88.92 -30.08 -25.28
スイス円 96.05 114.06 18.01 18.75
ランド円 123.89 9.62 -114.27 -92.24




③21世紀、金融ビッグバン、中国台頭から現在

ビッグバン直後から 2000年 2014 年    
現在まで 1月始値 6月25日 変化率%
ドル円 102.14 101.84 -0.30 -0.29
ユーロ円 102.89 138.81 35.92 34.91
ポンド円 164.92 172.94 8.02 4.86
カナダ円 70.72 94.97 24.25 34.29
豪ドル円 67.04 95.74 28.70 42.81
NZドル円 53.58 88.92 35.34 65.96
スイス円 64.22 114.06 49.84 77.61
ランド円 16.67 9.62 -7.05 -42.29




④薩英戦争賠償から現在

薩摩英国戦争 1863年 2013年    
賠償当時 10月ごろ 2月15日 変化率%
ドル円 0.48 101.84 101.36 21116.67
ポンド円 2.40 172.94 170.54 7105.83

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン