野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

FOMC議事要旨と相場変動

「FOMC議事要旨と相場変動」

*米株 ダウ 24797.78(-166.97、-0.67%) ナスダック 7218.23(-16.07、-0.22%)
*米10年国債 2.9427%(+0.0557%)
*為替 ドル円 107.69(+0.37、午前6時45分)
    ユーロドル 1.2292(-0.0055、同)

(前日比) 

・短期の景気見通しが12月に予想されていたよりも底堅さを増し、FF金利が徐々に上向く可能性が高まったとの認識で一致

・インフレに関する最近の情報は、インフレが2018年に上昇する公算が大きいとの見方を支える

・数人はインフレの目標未達リスクがかなり高いと判断

・数人はトランプ政権の税制改革で想定以上に景気を押し上げる可能性を指摘し、上向きリスクが増大した

・数人のメンバーがイールドカーブを注視することが重要と指摘

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン