野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

「ついにドル高懸念がなくなった ベージュブック ドル安が天才」

「ついにドル高懸念がなくなった ベージュブック  ドル安が天才」

7月ベージュブックで12地区連銀の現況でドル高懸念を示したところはなかった

5月は以下のように2地区連銀がドル高を懸念していた

 クリーブランド

Manufacturers cited the strong dollar as the primary factor tempering offshore sales.

サンフランシスコ

Sales of semiconductors stayed strong; however, concerns remained over the elevated dollar and potential changes in trade policy

**
しかし米国は360円から、いくらドル安にしてもドルは高い高いと言い続けてきた(それが米景気の強さ、米投資家の膨大な利益をもたらした=米国から内外への投資は誰でも儲かる、米国には天才投資家が多いというが、ドル安が天才だった)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン