野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

「FOMC議事要旨、ドル安、米金利低下、株高 景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明」

「FOMC議事要旨、ドル安、米金利低下、株高 景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明」

(時期)

*引き締めは「近く」適切になる公算大と判断

*景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明

*短​期​的​な​リ​ス​ク​バ​ラ​ン​ス​は​お​お​む​ね​均​衡​、​一​方​で​地​政​学​リ​ス​ク​や​新​興​国​の​動​向​が​米​利​上​げ​の​足​か​せ​に​な​る​可​能​性​も

*総じて中期的な経済見通しが前回会合からほぼ変わっていない

(インフレ)

*イ​ン​フ​レ​軟​化​は​一​過​性​、​イ​ン​フ​レ​2​%​目​標​へ​の​動​き​遅​ま​る​と​の​指​摘​も


(雇用)

*労​働​市​場​の​改​善​は​継​続​し​、​世​界​経​済​の​影​響​に​よ​る​リ​ス​ク​は​後​退

(他のファンダメンタルズ)


*個人消費、今後数カ月に回復と予想

*多​く​の​当​局​者​、​財​政​拡​大​が​も​た​ら​す​上​方​リ​ス​ク​を​依​然​と​し​て​指​摘​も​、​ト​ラ​ン​プ​政​権​の​経​済​政​策​運​営​の​不​透​明​感​も​指​摘


(バランスシート問題)

*バランスシート、縮小規模を3カ月ごとに引き上げも

*スタッフ概要、再投資の緩やかな段階的縮小を計画

*ほぼ全てのメンバー、年内の資産縮小開始を支持

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン