野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

一つの投資 南アランド20年債 奮戦記 ランド25円で買って現在8円でも283%の利益

「一つの投資 南アランド20年債 奮戦記 ランド25円で買って現在8円でも283%の利益」
*デイリーのブログにも掲載しましたが、一つの投資として重要だと思い本コラムにも取り上げました
「1997年 購入価格 23.0  20年 ゼロクーポン債  南ア・ランド円25円」


 実は奮戦記ではない。モルガンスタンレーから満期の電話があった。まったく忘れていた債券。
私のような銀行のディーラーの仕事はデイトレや短期トレーディングが専門だが、長期取引も趣味的にやっていた。

*20年前に南アランド20年ゼロクーポン債 利率 14%くらい 為替25円くらいで 1997年ごろ購入(20年前の購入価格は23.0 100に対して)

*結果的には為替で20年で70%程度損をしたがトータルでは283%利益
 平均年利回り14%程度で悪くはなかった

*為替がフラットなら約350%の利益だったが、為替が70%程度損をしたので
283%になった。為替の70%の差損は大きいが年あたり3.5%減なので南アランドらしい差損

*金利狙いは長く長く持って 短期のFX売買と切り離したい

でも、これが南アランド人ならそのまま350%の利益

米国人だって30年前は10%以上の金利だったので米国債投資家は為替リスクなく儲かっている

でももう1回やるかと言われれば 20年満期なら、満期までに死んでいるか痴呆になっていて孫にも中味がわかりにくいので そろそろやめたいが アルゼンチン ギリシャブラジルなど優れものが残っている。十分対処を説明しておかないと。

牛投資もなんとか乗り切ったので また何かやりたいが こんなに低利回り時代(特に日本)なら豊かになれない。世界的デフレの中で。日本はデフレだが世界的には物価、公共料金などが安いわけではない
マイナス金利はつくづく個人を他の国より貧しくするものだと思う

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン