野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

横浜馬車道為替24、爆買いが始まる前の旅行収支は

「横浜馬車道為替24、爆買いが始まる前の旅行収支は」2016年10月27日(木)

*今や訪日外国人が年間2000万人を超える時代となった。以下は訪日外国人がまだ400万人程度の頃のブログである。もちろん旅行収支は赤字の時代である。2015年に旅行収支は53年ぶりに黒字となった。


(旅行収支と為替――ゴールデンウィークを前にして」)

  少し早いがゴールデンウィークと為替の話。ゴールデンウィークの海外旅行で一人一人は小さい金額だが50-60万人いっきに海外旅行すればドル買いにつながるとの予想は毎年出る。一人22万円としてかける60万人で1320億円、11億ドルの外貨買いとなる。

 しかし、旅行収支を国際収支表に見れば別に5月だけが突出して旅行収支赤字が多いわけではなく、毎月平均24億ドル程度で5月も例年その程度である。2月であれ、10月であれ不思議に同じくらいだ。しかし今回はSARSとイラク戦の影響もあり海外旅行は激減、ドル需要も激減しよう。それは911テロ事件後も月平均10億ドル程度旅行赤字が減り回復へ4ヶ月くらいかかっているからだ。今月末、マリナーズがニューヨーク参上で日本人旅行者へ切符は完売のようだが旅行収支赤字の盛り返しはない。(切符が欲しい)

 旅行収支のその他の知識としては、日本人の海外旅行者は年間約1600万人であり、外国人の日本への旅行者は400万人程度である。また日本人は海外での平均消費額22.7万円、外国人は日本で8.8万円使うということだ。 行き先は アジア、米国、EUの順、日本へ来る人も同じ順だ。(以上 日銀 国際収支統計研究会著 「国際収支」参照)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン