野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

米国が制圧から配慮の時代。G7よりG20の開催回数が多くなった、中国の勢い、米国の力の低下と国際配慮

「米国が制圧から配慮の時代。G7よりG20の開催回数が多くなった、中国の勢い、米国の力の低下と国際配慮」

*中国が入らないと国際会議がまとめにくい=表1
 FOMCも海外情勢を以前にもまして言及 今回の据え置きも従来の米国内重視から国際配慮へ


*米国一強時代からEU・米国・中国が並び立つ時代(貿易、GDP、人口)=表2

*表1

開催回数 G5、G7 G20
1985年 1  
1986年    
1987年 1  
1988年    
1989年    
1990年    
1991年    
1992年 1  
1993年 1  
1994年    
1995年 1  
1996年    
1997年 2  
1998年 5  
1999年 3 1
2000年 3 1
2001年 7 1
2002年 4 1
2003年 6 1
2004年 3 1
2005年 6 1
2006年 2 2
2007年 3 1
2008年 6 2
2009年 3 6
2010年 1 6
2011年 3 6
2012年 3 5
2013年 1 5
2014年 2 4
2015年 1 3


*表2

g20sep15222.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン