野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

中国への世界各国の貿易依存度は、中国はどこへ依存

「中国への世界各国の貿易依存度は、中国はどこへ依存」

*世界中の殆どの国が中国貿易に大きく依存している。
 日本は輸出先として中国が2位(ほぼ1位の米国と同じ)、輸入が1位

*豪、NZ、南ア、ブラジルなどの資源国は輸出入とも中国が首位。中国が資源国をおさえているともいえる

*北米はもちろん米、加、メキシコの相互依存は高いがその次に中国

*欧州は域内貿易を重視するが輸入依存度は高い

*貿易だけでなく資本でも中国との相互依存率は高いだろう
 爆買い、不動産購入、M&Aとダイナミックに中国は動いている

*ただ中国が株を始め大きく動こうが人民元は微動だにしない。TPPでは中国ターゲットの為替操作排除に動いている

*
chuizon1.JPG
*
chuizon2.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン