野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

チャートで勝つその3

   「チャートで勝つその3」

mama.JPG

私は、移動平均線では5、21、90、200 日線を使っている。よく言われている「線と線との
クロス(交差)」より、移動平均線の「向きの転換」を重視している。例えば、90 日線と200
日線がクロスすればドル高、ドル安の長期トレンドが出来るとも言われるが、短期トレーデ
ィング、とりわけデイトレードには利用し難い。クロスする頻度も少ないし、クロスしてか
らも数円くらいのブレが出るからだ。そのため、短期では5,21 日線の「向き」を重視してい
る。算出期間が短い移動平均ほど値動きに敏感であり、期間を長期にするほどその反応は鈍
くなる。

具体的な利用方法としては、21 日線の向きで中期的なトレンドを感じ取り、5 日線の向き
が変われば実際にポジションを取る。5 日線が上向けばドルロング(=ドル買い)にして、
次に下向くまでポジションを保有し続ける。そして、5日線が下向きになったところで、ポ
ジションをひっくり返す(=ドル買いポジションを手仕舞うとともに、ドル売りポジション
をつくる)。下記チャート①で言えば、○印をつけたところ(=5 日線の向きが転換するとこ
ろ)でドル買い、ドル売りを繰り返すということである。もちろん向きが変わらなくても、
利食いたくなったら決済することもある。そういう時は次にまた向きが変わる時まで待つ。


この方法で2005 年12 月8 日から2006 年6 月20 日までトレードを行った結果が表①である。

 
12 月8 日に5 日線が下向きになったのを確認して、10 万ドルのドル売りポジションをつく
り(表①では、ポジションをつくることを「メイク」と表記している。このときのレートは
120.30 円。)、しばらくの間、そのポジションを維持。5 日線が上向きに転換したのを確認し
た12 月22 日に、10 万ドルのドル売りポジション手仕舞う(表①では「クローズ」と表記。
このときのレートは116.74 円で、相場変動による利益は35.6 万円)と同時に、新たに10 万
ドルのドル買いポジションをつくった(=ドル売りポジションをドル買いポジションに転換。
12 月22 日には、合計で20 万ドル売ったことになる)。

こうした「5 日線の向きの転換」に基づくトレードを繰り返した結果、12 月8 日から6 月
20 日までの約6 ヶ月間では、合計89.2 万円の利益が出た。表①からも分かる通り、個々の取
引では損失が発生することもあるが、通算では利益を出せている。合計で8.92 円分の値幅を
とったのと同じことになるが、これはこの期間の高値と安値との差である12.04 円に比べて
も決して悪くない結果だろう(但し、ここでは簡略化のためスワップの損益を加味していな
いことにご留意いただきたい)。

ma55.JPG

また、表②に21 日線の向きの転換に基づいて行った結果も掲げているが、移動平均線の向
きを手がかりにトレードを行う場合、21 日という期間では値動きに対する感応度が落ちてし
まうため、うまくいかないことがわかる。それゆえ、21 日線は中期的トレンドをつかむもの
として利用している。


ma2121.JPG

移動平均線については、一般的に市場が一定のトレンドを形成していれば長期線が有効、
値動きが保合い圏にある場合、またトレンドが転換する過程では価格変化に敏感な短期線が
有効であり、長期線でトレンドを、短期線で売買タイミングを図るという両者の併用が理想
的である。また、「グランビルの法則」には下記のような利用法も挙げられており、これらもシグナ
ルとして参考にしている。

(買いの指示)
①移動平均線が下降を続けた後、横這い若しくは上向きかけている状態で、現相場が移動平
均を上抜いた時
②上昇中の移動平均線に向かって価格が下降したが、移動平均線を割り込むことなく再度上
9 昇に転じた時
(売りの指示)
①移動平均線が長期上昇の後で、横這い若しくは下降を始め、相場が移動平均線を下抜いた

②下降中の移動平均線に向かって相場が上昇したが、突破できずに再び反落した時
 

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン