野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

久々のアベノスペシャル IN ダボス

     1/23(木)「久々のアベノスペシャル IN ダボス」

shunsp2.JPG

総括「久々のアベノスペシャル IN ダボス」 
需給「各国金融政策」
テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」
当局・円無常「13億6千万人」
ID為替「香港で大型IPO、1月29日払い込み、円売り要因」
リスク「長引くイラク、イラン、パレスチナ、北朝鮮」
横浜湘南便り「良いお年を」

  ドル円=102-107、ユーロ円=139-144

 日経インデックス1月22日東京引け1月17日からの変化(2008年=100)円98.5強し、ドル104.3強し、ユーロ97.0弱し、ドルインデックスIN NYBOT81.19弱し、CRB280.53強し、原油96.73強し、金1238.6弱し、DOW16373.34弱強し、日経平均ドルベ-ス東京引け151.52強し、IMM円投 機筋1月14日 円-119759(前週比+9109)、ユーロ+7253(前週比-7245)

1.(今週の予定)

20(月)  NY休場(キング牧師誕生日)、中国GDP、小売、工業生産、固定資産投資、独 生産者物価指数 香港 失業率 
21(火)安倍首相ダボス会議、NZ 消費者物価 香港 消費者物価指数 独 ZEW景況感調査 ユーロ圏ZEW景況感調査
22(水) 日銀金融政策決定会合 豪 消費者物価 南ア 消費者物価指数 英 雇用統計 BOE議事録 加 政策金利
23(木)中HSBC製造業PMI 独 PMI製造業・速報 PMIサービス業・速報 ユーロ圏 PMI製造業・速報 PMIサービス業・速報 加 小売売上 米 新規失業保険申請件数 住宅価格指数 中古住宅販売件数
24(金)通常国会召集 加 消費者物価指数

(来週の予定)

27(月)日 通関ベース貿易収支、日銀議事要旨(12月19日・20日分)、 シドニー休場(オーストラリアデー) 香港 貿易収支 独 IFO景況指数 小売売上 米 新築住宅販売件数
28(火)英GDP・速報 米 耐久財受注 S&P/ケース・シラー住宅価格指数 消費者信頼感指数 リッチモンド連銀製造業指数
29(水) SARB政策金利 FOMC政策金利 
30(木)RBNZ政策金利 住宅建設許可 独 雇用統計 南ア 生産者物価指数 独 消費者物価指数・速報 米 GDP・速報値 新規失業保険申請件数 中古住宅販売制約
31(金)NZ 貿易収支 日 失業率 消費者物価指数 鉱工業生産・速報 外国為替市場平衡操作 仏 生産者物価指数 南ア 貿易収支  加 GDP 米 個人所得 個人支出 PCEデフレーター シカゴ購買部協会景気指数 ミシガン大消費者信頼感指数・確報値

2.総括「久々のアベノスペシャル IN ダボス」

 今週月曜の本リポートでは最近は安倍政権や日銀ともに新鮮なメッセージが発せられないので円高・株安となっていると書いたが、久々に、サプライズものが出た。スイスはダボスからだ。アベノスペシャルが出た。

 安倍首相はダボス会議での基調演説で、自民党の反対が強い法人税実効税率引き下げに意欲を示した。また「既得権益の岩盤を打ち破るドリルの刃になる。いかなる既得権益も私のドリルから無傷ではいられない」と、改革推進への決意を表明、TPP交渉や法人減税を進め、外国企業が最も仕事をしやすい国を目指すと宣言した。

 麻生財務大臣が法人減税は財源がないといって否定的(道路新設には無限の原資があるようで、私の住んでいる横浜の田舎にも畑の地下を掘って高速道路を作っているし、至るところ道路工事だらけである)であったのでサプライズだ。
 
 規制改革のほうはよくわからないが、政府・自民党自らが作った規制なので緩和するのは簡単だろう。要はヤル気があるかどうか。法人減税、規制緩和(願わくは個人所得減税も)があれば、再びお金が回り始めるので円安・株高のリスク選好の流れとなるだろう。大いに
期待したい。

3.需給「各国金融政策」

 今週は豪、NZのCPIがいずれも予想を上回り、豪は利下げ観測が後退、NZは利上げ観測が強まった。
 寒波で雇用者数が減少した、米国は来週のFOMCで再びQE3縮小観測が高まっている
 英国は雇用改善でやや利上げ観測が芽生えた
 日本は異次元緩和を維持
 ユーロ圏は緩和を維持、一部でマイナス金利導入意見も
 南アはCPIが高止まりで落ち着き、現状維持
 カナダはインフレ低下で緩和維持 

4.テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円=11月7日-12月18日という長い上昇ラインは下抜いたが、ボリバン下限まで下落して反発している。1月10日-16日の下降ラインは上抜いている。1月13日-14日の上昇ラインに沿っている。ボリバン中位。5日線は横ばい。週足は9連続陽線の後に、2連続陰線、先週は小幅陽線、今週もここまで陽線。11月11日週-18日週の上昇ラインを下抜いたが先週の下ヒゲで盛り返している。月足も昨年11月-12月の上昇ラインを下抜きそうである。年足は陰線スタート。

*ユーロドル=12月27日の長い上ヒゲが効いている。その12月27日-31日の下降ラインは一旦上抜いたが、1月9日-10日の上昇ラインを下抜いて下降中。12月27日-1月14日の下降ラインの抑えられている。雲の下。5日線は下向く。ボリバンは下限に到達。週足は11月4日週-11日週の上昇ラインを下抜いている。12月23日週-30日週の下降ラインが上値抵抗である。月足は13年7月-9月の上昇ラインを下抜く。年足は陰線スタート。

*ユーロ円=3連続陽線。1月20日の下ヒゲで盛り返した。1月16日-17日の下降ラインを上抜いた。12月27日-31日の下降ラインが依然効いている。5日線下向き、ボリバン下限から小反発。1月20日-22日の上昇ラインを維持できるか。週足は7週連続陽線から3週連続陰線で12月23日週-30日週の下降ラインが出来ている。月足も昨年11月-12月の上昇ラインを下抜きそうである。年足は陰線スタート。

5.当局・円無常「13億6千万人」

 中国国家統計局の人口統計によると、2013年末の中国の総人口は前年末から668万人増え、13億6072万人に達したことがわかった。うち都市人口は7億3111万人。都市化率は53.7%に達した。農村人口は6億2961万人。このほか、16-59歳の人口は9億1954万人で、前年末から244万人減少した。
 
6.ID為替「香港で大型IPO、1月29日払い込み、円売り要因」

 香港の大手電力会社、電能実業は15日、香港で電力事業を展開する全額出資の香港電灯を1月29日に上場させると発表。電能実業は上場後も最大で49.9%を保有する筆頭株主の地位を保つ一方、中国国有の送電最大手、中国国家電網から18%の出資を受け入れ、第2位株主になることを明らかにした。市場から最大で279億香港ドル(約3770億円)を調達するだ。オマーン政府傘下のオマーン投資ファンドも0.7~0.8%を出資する。日本からも出資される見込みでその分は円売りとなる。

7.リスク「長引くイラク、イラン、パレスチナ、北朝鮮」

日中・日韓領土問題、北朝鮮暴発(北朝鮮開国?)、朝鮮半島統一、イラン、地震、テロ、外為取引税(トービン税)、日中国交断絶、
------------------------------------------------
 内需拡大-規制緩和-市場開放-小政府-財政均衡-自己責任-公明正大 50―超円高-100―円高-150-普通円-200―円安-250-超円安- 「世界一のデフレと物価高の共存が日本の弱点」「国を選ぶ時代」FX湘南社是 「面白く正しく」FSIG FX湘南投資グループ 代表 野村雅道 専修大学、中京大学講師(事務所 横浜田園、山下公園、伊豆稲取) 

8.横浜湘南便り「良いお年を」

 いよいよ春節である。1月31日より。外交で日中の緊張感が高まっているが、横浜中華街の春節は五社乗り入れもあり、年々、見学客が増え非常に混雑する。特にメインイベントの「祝舞遊行」パレードはひしめき合うほどの人気なので今回の見学は遠慮しようかと思う。
 

shunsp3.JPG

*

shunsp1.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン